○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS デッドヒート(1)

<<   作成日時 : 2013/02/01 23:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 駅伝に関する小説です。
 「あと少し、もう少し」 を読んでいたら、”とっちゃん”から「こうゆう本が出たよ」と紹介があったので、早速図書館に予約を入れるように鬼嫁に頼んだところ、「とっくに予約してあるわよ」とドヤ顔が返ってきた。お陰で早く読めました。はは、以心伝心!
 で、今回はシリーズ第1弾となります。今後、成長に伴い順次発売されることになりますね。

 第1弾は、中学校から高校までになります。主に高校での駅伝です。高校駅伝の最終目標はやっぱり京都でしょう。

 高校の舞台は群馬県。群馬県といえば上州三山(榛名山、赤木山、妙義山)に囲まれ、「からっ風」&「かかあ殿下」で有名なところですね。
 すばらしい環境(かな?)ですくすくと育っていく(んならいいけどネ)ランナーが楽しみです。

画像


 ネタバレにならないように違う話題でも。
 主人公が通う高校「上州南陵」はもちろん架空の校名だと思いますが、群馬県は首都圏の近くにありながら田舎模様の雰囲気と隣り合わせにあるようです。学業のほうは県立>私立の田舎風の関係にありながらも私立は都心部やお隣(W)あたりに通う生徒もいるようです。県立でも進学校は男子校/女子高が別々なのは埼玉県と一緒ですね。共学のほうが体罰はないような気もしますが。

 小説では「上州南陵」は「サキタカ」と関東大会出場枠(6位)をめぐって激しいデッドヒートを繰り広げます。この「サキタカ」って○が思うにモデルは「たかたか」に相違ありません。小説では「たかたか」の永遠のライバルである「まえたか」が出てこないのが残念です。そっちの戦いのほうがきっと生々しいと思うのは僕だけかな?この「たかたか」と「まえたか」って何でも競争しあっていて、偏差値が高いの、首相の輩出が多いのってそりゃぁもう口角泡を飛ばしてますね。挙句の果ては「背が高い」「親の収入」「彼女率」なんでも競うんだ、きっと。小説では「サキジョ」も出てきますが、これって「たかじょ」でしょうけど、やっぱり「まえじょ」が出てきません。高校ネタだとむっちゃ熱くなって張り切る群馬県人は、高校入試の倍率ヒトツで勝った/負けたってやります。よそ者には理解不能です。駅伝よりよっぽど面白い展開になること間違いなし。(笑)
 また何故か、このあたり(群馬)の人は子供の頃から「上毛かるた」が義務教育のように教えられ、カルタ大会はめっちゃ盛り上がるみたいですね。他県でも「地元のカルタ大会」があると信じているらしい。そのせいか百人一首も得意にしていますね。大人になってもスラスラと出てくるのが不思議です。

 ○はこれっぽっちも群馬事情なんて知りたくもなかったのに、某人からいやというほど聞かされてしまいました。知らず知らずのうちに上州の考えが入ってくるのが恐い。「あしたか」なんて言われてもすぐに連想できちゃう。(笑)
 群馬県人の皆様、気を悪くされたらごめんなさいね。そりゃ、「グンダイフ」とか「コウセン」も聞いていますけど、難しくなっちゃうので言及しません。○はどこを贔屓にしているわけでもないですから。(^_^;)

 第2弾は、関東大学連盟に加盟している大学に進学して箱根駅伝を目指すことになるんでしょうが、箱根駅伝の本はいっぱい出ているから、どんな特色を出してくくるのかが楽しみです。

 本のタイトルから、堂場舜一「ヒート」を連想しましたが、ちょっと違ったみたいです。

(内容紹介:HPから)
駅伝の魅力って? 仲間の頑張りを信じ、想像することさ―――。上州南陵高校陸上部三年の走水剛は、中学時代からの親友・幸田優一と共に高校駅伝の関東大会進出を目指している。将棋八段の父親は超の付く変わり者で、剛との関係は最悪だった。その父親に将来の目標を問われ、思わず「オリンピックだ」と言い返してしまった手前、チームの六番手に甘んじている現状は心苦しく・・・・・・。破天荒な駅伝選手の成長を描く新シリーズ、スタート!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん、こんばんは。

仲のよろしいご夫婦ですこと(笑)。
群馬の血はぼくにも流れていて(母親が群馬)、
気持ち的には故郷のようにも感じられます。
でも日本でいちばん郷土愛の薄いわが地元埼玉に比べると、
郷土愛の強烈な人が多いですよね。
そういう意味でかなり濃いエリアです。
momomo
2013/02/02 01:05
>momomoさん
 おぉ、なんとmomomoさんには群馬県の暑い血が流れているんですね。きっと、母上は未だにやりあっていらっしゃることでしょう。今度、逸話を聞かせてください。
 埼玉って郷土愛薄いんですか? まぁ、半数が通勤都民じゃね。しかもレジャー施設みたいなところはないし。○もそうですが。

2013/02/02 06:49
さすがエミリンさんですね
群馬ってそんなに郷土愛が強いのですか。
結婚して群馬に行って30年近くになる友人が、今や上州かるたを子供たちに教える程になっているそうです。
レン
2013/02/05 22:24
>レンさん
 新聞のどっかに出ていたのを見て、すぐにリクエストしたみたいでした。
 (先に読まれてしまいました)フン!

 「かるた」は例外なく盛んなようです。子供の頃からずっと教え込まれるんですから。

2013/02/06 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
デッドヒート(1) ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる