○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS すかんぽ(デビュー)

<<   作成日時 : 2013/01/26 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 山の会「すかんぽ」と契約金0円、年俸はマイナス1,000円で契約しました。未払いですけど。(^^ゞ
 初代会長(というかずっと専制君主らしいです)の”のらさん”から新入会員の心得を厳しく教えていただくために、マンツーマンで特訓を受けることになりました。山屋は金曜の夜から行動するんだそうです。

 で、いきなりどこに連れて行かれたと思いますか?
 下の写真です。

画像



 『ジャンダルム』?、そうです。あの熟達者しか寄せ付けない急峻な岩場です。
 ○:「どこに連行するんですか?」
 のらさん:「ついてくればわかる、頭もまともにあげられないよ」

 なんと、京橋でした。(^^ゞ
 「京橋の山小屋 ジャンダルム」、この店はすかんぽ創設(1975年)以来、何10年も利用している小屋(店)ですって。
 階段を登って2階に行ったら、なんと「準備中」の看板。花金でないの?
 のらさん:「今晩はぁ、やってないの?」
 茂さん(マスタ):「あぁ、いいよ。今、寝てるよ」
 
 勝手に入っていって、電気をつけて、、、おもむろに冷蔵庫からビールを出して飲んでいると、光さん(おばちゃん)が眠そうな目をこすりながら起きて来ました。一体? うーん、山小屋の雰囲気そのものですね。山屋にはまったく違和感がありません。
 
画像



 本日の議題:「すかんぽの歴史と心構えについて」の講義は、すかんぽ25周年記念誌(2000年問題時に発刊)で・・・・・あっさり省略されました。バキッ!!☆/(x_x)
 「勝手に読んでおけば良い」との仰せにございました。(^^)v

画像


 そうそう、ここの”おばちゃん”は、”のらさん”の中学校の2年先輩なんですって。だから「頭が上がらない」んだそうです。あの、**で有名な深川某中学だそうです。(そりゃ、怖いわ!)
 今回、20年ぐらい前の春山合宿(常念岳〜燕岳縦走)で撮った写真で店にも一時飾ってあった写真を、「もう上げるわ」って、ポイっと渡されてニンマリしている”のらさん”でした。

 ○は見せられた記念誌をパラパラとめくりながら「ほほぅ」と唸っています。
 まず、第一の疑問が解けました。○は「すかんぽ」という言葉は大分のユキちゃんが使っていたので知っていました。九州では「ギシギシ」と言って、山ではムシャムシャよく食べました。やっぱり、山の会「イタドリ」じゃなくてよかったですよ、”のらさん”。(^^)v

画像


 話題はいきなり、グレートサミッツの話になり、月曜日(28日)に放送される「ピレネー縦断」(谷口けい)で盛り上がりました。おばちゃんが色々と裏話を聞かせてくれたので大変面白かった。○もこの番組は欠かさず見ていますし、全部録画してあります。今のところ、再放送の予定はありませんので録画をお勧めします。それより、こう行った有名人を呼び捨てにするこの店って一体?て感じです。念の為に言っておくと、一見さんはお断りの確率が高いそうです。○も「次回からはいいよ」といってもらえました。\(^o^)/

画像


 長尾平でお仕事している東京山岳会のK崎さんのこともよーく知っており「あぁ、へべれけに酔っ払ってたわ」ってやられましたヨ。(^^)v

 年末恒例の「ジャンダルム」というキーワードは聞いていましたが、20年ぐらい前からここは歌声喫茶に早変わりしていたわけですね。昨年の様子を”トクさん”(もう、親しみを込めてそう呼ばせて頂きます)のFacebookで見ましたが、20年前からなーんも変わってないんですね。歌集も昔のガリ版のまんま(いや、赤焼→青焼→コピーに進化しています)手書きの良さがありますね。
 実は○も年末の「ジャンダルム」には参加表明していたんですが、天のお告げか?体調不良になって急遽欠席しました。でも”穂高よさらば”って3回も歌うんですか?マジでヤバイッス。○は全くこの歌を知りません。今年の暮れまでにはネット検索して某チューブでも見なくっちゃ。(^^ゞ

画像


 ジャンダルムを後にします。
 のらさん:「あと30分ぐらいだけ行こうか」
 ○:「はい、喜んでっ!」 (どっかの店員じゃ?)

 のらさんの時計は時空間をワープしまして、いきなり四谷3丁目の地上に出ます。
 ○:「ここはどこ?」
 のらさん:「いやぁ、ワタシも一発で行けることはないんだがねぇ」
 ○:(事前に教えていただければ、ぐぐっておきましたものを・・)

 でも流石です。四谷三丁目の飲み屋街をクネクネ曲がること数回でいきなり「羅無櫓」(らむろ)の看板メッケです。
 のらさん:「おほほ、初めて一発で来たよ」
 ○:「もう、一人では戻れません」(^^ゞ
 おぉ、看板に登山者が。イイネ!ボタン押しちゃいそうです。(^^ゞ

画像


 これって○のシグネジャにそっくりです。先願。ホラッ

     ,へ    ●◎ ━━━━━━━━━━━━
   \ノ  ゝ、 /■囗  ”○”  
    `へ、 `ヽT _■巳 ******@*****.com
    M ~ヽ、|亅 |  http://*************
     M  ~\亅  越谷市*********** 0**-***-***
      X  ~`ー、━━━━━━━━━━━━━━━━━vo\ov

 中に入ると、かなり高級っぽいお店です。山には似合わないような。(^^ゞ
 店主の「官兵衛さん」、箸袋に似顔絵。むむ!似てる、そっくり。吹き出しそうになるのをじっとこらえます。

画像


 どうやら、この店はM大関係者のようです。植村直己の写真が貼ってあります。
 対して、あっちの集まりはN大が中心だから面白いなぁ。(とひとりごち)
 植村直己といえば、○は”おびひろ動物園内にある植村直己記念館「氷雪の家」に行ったことがあります。植村直己が実際に旅を共にしたエスキモー犬の剥製や登山道具などの遺品が展示してありました。

画像

画像


 あ、飲み物ね。
 目の前に「三岳」がありゃ、もうそれっきゃ無いでしょ。
 なんと前割黒じょかで出てきます。これがまた最高に美味いんです。人肌ぐらいに燗がつけられています。三岳特有のぴりっとした舌触りが残っていて、かつまろやかなんです。
 ○:(知ったかぶりして)「前の晩から割ってあるんですよね」
 店主:「いや、3日前からです」
 ○:(言うんじゃなかった)
 店主:「高尾山のあるところから汲んで来るんですよ」
 ○:「へぇ、こだわりの美味しさですね」
 のらさん:「むかごだね」
 店主:「はい」

画像


 のらさん:「○さん、これ以降は手酌だからね」 ぐいぐい・・
 ○:「あ、はい喜んでっ!」  ぐいぐい・・・
 ほとんど、無口状態。まるでカニを食べてるように前割を飲む。うんまい!

 のらさん:「ところで『らむろ』ってどういう意味でしたっけ?」
 店主:「ネパール語で『美しい』『きれい』『すてき』とかの意味です。」
 のらさん、しっかりとインプットしています。
 どうりで、ググッても出て来なかったわけです。

 ふと、振り向けば、本格焼酎がドーン!有名どころがどーん!
 うーん、神田の「Kつ」といい勝負だね!

画像


 のらさん:「あと、好きなの飲んでいいから・・」
 ○:「はい、喜んでっ!」   (といっても、デビュー戦じゃ・・(^^ゞ )

 ということで、キャンプ・インしました。


 ◆◆◆ 間 ◆◆◆

 土曜日は朝から記念誌読破です。面白いところがあったのでちょっと紹介します。

 ■「山と渓谷」に出ました。1989年
   若き日の”のらさん”だそうです。今の容姿からはとても想像出来ません。
   この時は”山”がメインで”マラソン”がサブだったんでしょうか。
   ○はこの頃はまだ、毎月89.75時間の残業ばっかりだった頃でしょう。

画像



 ■「ランナーズ」で会員募集。1995年
   この時は「すかんぽ走友会」なる名前でランナーズで声をかけています。
   この会報を読むと、実際にこの呼びかけで集まってきた人がかなりいます。
   この実行力こそが”のらさん”たる所以なのでしょう。(^O^)/
   ○はこの頃はまだ”山”も”走”もやっていません。体重も68kg。(^^ゞ

画像



 ■「シモバシラ」 1997年
   年末に会員のどなたかが(すみません、失念)撮られた「シモバシラ」の
  写真が掲載されました。○は単なる霜柱だと思っていました。まさか
  「シモバシラ」があるなんてびっくりです。しかも、1997年にこうして
  会報でみんなに知らせるなんて、、、やりますなぁ。

画像



 ■24時間リレー 1998年
   あちこちで、マラソン大会や駅伝、登山競走に参加しています。
   でもやっぱり24時間リレーってすごいと思います。翌日は休暇
  間違いないといったところでしょうか。一人あたり平気で60km
  位走ってます。この時のアンカーは・・。

画像



 ■記念誌の編集後記
   1975年から2000年までの25年間の歩みを、こうして記念誌に
  残してあります。全92ページもあります。すごいボリュームです。
   当時は原稿はガリ版が当たり前(今の若い人にはわかるまい)です。
  こまめに会報を出し続けて、会員を獲得してきて地道な活動を続けて
  きた結果が、現在の「すかんぽ」だと思います。
   トクさんの文章力ってすごいです。文学界でも活躍できるのではと
  思われるほどの筆運びだと思います。(ここマジです)

画像


 ということで、
 ○のすかんぽ感は『サン(山)』『ソウ(走)』『イン(飲)』の三拍子
揃い踏みと致します。少しでも飲めるようにならなくちゃ。バキッ!!☆/(x_x)
 来年の40周年記念行事に向けて早くもプロジェクトが立ち上がっています。
今度は、会報誌だけじゃなく動画が一斉配信されるかもしれません。乞うご期待!

 今後共よろしくご指導ください。m(__)m

 ***
 明日は新宿シティ(ハーフ)です。てげてげでいきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん
丁寧に「25周年記念誌」を読んでいただきありがとうございました。
長く続いたという事は、良い出会いがいっぱいあったからだと思います。
という事で、これからもよろしく!
トクさん
2013/01/27 19:41
>トクさん
コメントありがとうございます。
お二人で立ち上げられた「すかんぽ」、一口に39年といっても大変な時間ですよね。頭が下がります。
トクさんのもう一つ、昔から植物のこと詳しかったんですね。以後よしなに!

2013/01/27 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
すかんぽ(デビュー) ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる