○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS トカラ(5) 第4島 諏訪乃瀬島

<<   作成日時 : 2012/11/16 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 平島でもういいや!って気になって来ました。(^^;

 出港してすぐ(11:20)に朝食(昼食兼)が配布されました。事前の説明ではおにぎり1個と書いてあったのでビックリです。口之島の方々が心温まる「おこわ」を作ってくださいました。ちょうどお腹も空いて来たし、次の島までは1時間近くあるはずだから、、、とつい全部食べてしまいました。これも失敗!

画像


 次なる島は「諏訪乃瀬島」です。事前学習っと・・
(十島村HPより)諏訪乃瀬島(スワノセジマ)
 十島村で二番目に大きい島です。御岳(799m)は今も活発に噴煙をあげています。御岳は過去に幾度となく大噴火を繰り返してきました。文化10年(西暦1813年)の大噴火でほとんどの人家は消滅し、全島民が非難したため、約70年間は無人島となりました。明治期に入り、奄美大島出身の藤井富伝らが入植し開拓されました。しかし、そんな厳しい自然状況でも北西部の溶岩台地にはマルバサツキが群生し、春になれば一面ピンクの花を咲かせます。
 居住区域に制限があり、集落は1kuほどの範囲しかなく、人口は48人と十島村で最も少なくなっています。御岳は桜島と同じく日常的に噴火しており、年に数回は火山灰が集落にも降ります。


 概要が分かったところでシミュレーション。主催者から配布された予定では、切石港に入港して、丘を越えて元浦まで降りて、再度丘を越えなければならないルートでしたが、運よく?切石港が使えない状態なので元浦に入港するようです。ルートも大幅に短縮されて、参加者の大半は願ったり叶ったりです。

画像


 標高差は110mくらいあるものの、一度海岸に下って上り返すことを考えれば助かったと思うほうが先です。それでも、すごい傾斜です。先の平島でもうこりごりなのに・・・

画像


 11:40、朝食を食べ終わって外を見るともう島影どころか岸壁が見えます。ゲッ、もう着くのですか?予定より10分ぐらい早く着いた模様です。港のロケーションと関係があるのでしょうか。それより、先ほど食事をしたばかりなのでお腹がいっぱいです。走るときにお腹がいっぱいだとちょっとやばいんですが。

画像


 そんなことはお構いなしにフェリーは接岸したようです。まさか、あの急坂を上るのでしょうか?見ただけでイヤになります。展望デッキで余裕かませて写真を撮っている場合ではないようです。大慌てで下船口に向かいましたが、1m間隔で降りるように言われて渋滞しています。

画像


 ここはスタート地点がかなり先のほうにセットされたようです。他の島ではフェリーを降りて50m以内にあるのですが、ここは100m以上離れています。テクテク歩いていたら、先が詰まってしまいました。(^^;

画像


 スタート位置はすぐそこでした。温情処置があるならもっと上のほうにして欲しかった。

画像


 皆が揃ったようだと判断されれば号砲です。時間前にスタートしました。まるで大相撲みたいです。お、今度の白バイ隊員は男性です。バイクは坂道発進が不得意です。ははぁ、なんとなくねぇ。(写真は某所から拝借)

画像


 あ、ツッチさんが先を走っています。出遅れました。必死で追いかけます。○は弁当を食べたばかりなのでやや重です。

画像


 マスターが伴走を買って出ました。ありがとうございます。
 で、本来の伴走者は最初の上りで早くもついていけません。(笑)

画像


 あまりの急坂に飽きて後を振り向いたらママが迫ってきています。こりゃ、やばい!頑張らねば、と思いました。それにしても苦しい坂です。

画像


 心臓が飛び出るかと思うほどの急坂を登り切ったら楽になります。向こうに見えるのが御岳でしょうか。噴煙がなびいているのかどうかも肉眼では確認できません。前々回の大会では噴煙で真っ黒になったという話しを聞きました。

画像


 ゼッケン4番の人とどこの島でも接戦を演じている○です。(^^;
 2kmしか走っていませんが、今度は激しい下り坂が待っています。前回の経験者は「あれ、こんなに短かった?」と首を傾げてつぶやいていますが、入港した場所が違うのでコースがショートカットされたのを知らなかった様子。ペース配分を間違えたようです。

画像


 待ち構えていたのは、コース一番の下り坂。急ブレーキをかけて走らないと恐くて走ることが出来ません。下りが得意なツッチさんが一人気を吐いています。(写真は某所から拝借)

画像


 やっとなだらかなところに来ました。フェリーのところまで下れば楽になれます。

画像


 そのころランテツさんは余裕のゴールです。後方にも選手が見えません。(写真は某所から拝借)

画像



 ○、諏訪乃瀬島ゴールです。すごいアップダウンでした。最後は懸命にダッシュしたので疲れました。

画像


 ツッチさんも入ってきました。あんまり疲れていないようです。

画像


 続々とゴールしてくる選手に拍手を送りながら、水分を補給中です。携帯はフェリーの中だし・・。

画像


 コースが短くなった分、フェリーの運航時刻が早まったようです。10分前のブオーが聞こえてきて、焦ってフェリーに乗り込みます。すぐに岸壁を離れます。これで、予定より30分ぐらい早くなりました。

画像


 諏訪乃瀬島を離れます。バイバーイ。またねぇ。

画像


 次は悪石島です。その前に中間発表があるそうです。まるで学校の試験みたいです。(^^;

 諏訪乃瀬島走行結果 3.0km 15'25" 区間順位 20位

 トカラ(4)へ   トカラ(6)へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけアップダウンがあるのに、3キロ15分ってすごいですね!
一瞬、走ってみたいって思ったけど、やっぱり大変だ〜
たまねこ
2012/11/17 20:58
○さん、こんばんは。

いきなり上り坂なんてかわいそう。
山だっていきなりの急登だと嫌になっちゃいますもんね。
上ったり下ったり、ほんとうにお疲れさまです(笑)。
海がきれいです。
momomo
2012/11/18 01:16
>たまねこさん
 こういう急激なアップダウンに対してはトレイルランナーの方が有利でしょうね。皆さん、黙々と登っています。
 でも、制限時間内(といってもアバウトですよ)に戻ればいいので、気にすることはありません。
 山屋はできます!

2012/11/18 11:19
>momomoさん
 よーい、どん! がすでに上り坂ですから。もうあきれちゃいます。
 海が綺麗!なんて考えている余裕すらありません。
 まだ、この時点でも海水には触っていません。いつになったら・・。

2012/11/18 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
トカラ(5) 第4島 諏訪乃瀬島 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる