○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三伏峠へ

<<   作成日時 : 2009/08/03 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ○の夏休み。今年はどこの山に登るか全く決めていなかった。2,3日前に山の本を「えいやっ」とばかりに開いたところに行くことにする。で、開いたところが「塩見岳」だった。
 それから、塩見岳についてあれこれと調べてみると、アプローチは遠いし、行動時間は長いし、、、不安いっぱい。でも愚妻はそんなことにはいっさい構わず、さっさと食料を調達してきた。

 初日(8月3日)は、三伏峠まで荷揚げするだけ。土日は駐車場も小屋もテン場も超満員との情報なので意識的に避け、月曜日からの行動とする。○の家から鳥倉林道ゲートまで約330km。途中でいつものベース基地を借用。6時過ぎにゲート前の駐車場に到着。車は20台ほど。ひどいときには路肩駐車が500mほど続くそうだ。

画像


 ゲートから登山口まで40分。舗装道路の上を登山靴で歩くのは痛い。特に帰りは足が疲れているから。管理用の車だけがスイスイと走っていく。あぁ恨めしい。
 やっと、登山口に到着。登山口からのCT(コースタイム)は3時間となっているが、CT通りにには登れまい。

画像


 三伏峠までの目安として分数表示がある。3/10あたりで一度休憩。今回の山行は家財道具一式持ってきているので○のザックはとても重い。84リットルのメインザックだけでは収容できず、35リットルのサブザックにも入れている。これを、親カメの背中に子ガメを乗せて、、、状態で背負っているので。理論的には119リットル?一歩毎に汗が噴き出す。この苦労をしてでも、小屋には泊まりたくない。

画像

 
 4時間ぐらいかかってやっと三伏峠小屋に到着。小屋は数年前に改築されたようで、とてもきれい。塩見岳に登るルートはいくつもあるが、この小屋を利用するのもそのうちの一つ。今日もツアーの団体さんがあるらしい。関西方面からが多いようだ。

 
画像


 最近新築なったバイオトイレ。チップ制ではなく、1回200円を払って鍵を借りるようだ。ポッチャンタイプは1回100円。○は言うまでもなく後者なので、最後までバイオトイレの快感を味わうことはできなかった。まぁ、富士山や黒岳で味わっているからいいや。

画像


 さてさて、キャンプの受付を済ませてさっとくテントを張る。このところ連日雷雨とのことで水はけのよい、一番上の段を確保。その後、重い荷物を持っての縦走者が少しずつテントを張り、本日は10張りほど。
 水は小屋で飼うと500mlボトルで100円。高くて買えないので水場まで汲みに行く。水場までは片道15分。何度も行くのはいやなので、プラティパスやボトルを総出演させて合計8キロ(8リットル)の水をあげる。いい運動だ。

 
画像


 やることがないので、近くを散歩して時間をつぶし、夕飯前にからお湯を沸かして焼酎を飲む。他のテント泊者との情報交換。夕飯を食べ終わったら、猛烈な雨。18時頃からテントを出られず。テントをたたく激しい雨の音を聞きながら、明日の天気回復を祈るばかり。

(翌日へつづく)
   本ブログは事後編集しているものです。また、詳細へこちらに掲載しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ザックにザックを載せる・・・
腰に負担はありませんか?
エミリンさんは心強い○さんの存在で何の心配も無し!ですね
ポットンは何かしら落としそうで不安になります
あ〜ちゃん
2009/08/09 08:12
>あ〜ちゃん
 腰の痛さぁよ、山畑開き   ← あ、これは歌です。
 
 腰が痛いのは、慢性化していますので、、、。痛いです。
 ポットンに携帯電話落としそうになりました。ポケットからスルリ、、て。

2009/08/09 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
三伏峠へ ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる