テーマ:

給食調理員

 爆弾低気圧が台風より強烈な948Hpの勢力で北海道を襲います。  こんな時に山に入っていたら大変なことになりますよね。  北海道にスキーに出かけていたK/Tコンビもなんとか飛行機に乗れたようでよかったです。  知人(大学の先生)がてきぱきと料理するのを見ていて「上手いなぁ」と思っていたら、なんと調理師の免許を保有して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アルピニズムと死

 山野井さんはもっと沢山の本を書いていると思っていましたが、これが2冊目の本のようです。ちょっと驚きです。  澤木幸太郎さんの「凛」を読んで衝撃を受けたのは記憶に残っています。  ・・・2001年10月、最も信頼するパートナーであり妻である妙子と二人で登ったギャチュンカン(7952m)で、登頂後悪天候でビバークや滑落をしながらも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

分水嶺

 「分水嶺」このタイトルを見た時には、分水嶺にちなんだ川が出てくるかな?と想像しました。作者はこの夏話題にした「春を背負って」の笹本稜平さん。あの映画はよかった。北アルプスの自然が見事に映し出されていました。  ところで、分水嶺と聞いてすぐに浮かんでくるところは  ◆甲武信ヶ岳   甲斐、武蔵、信濃の三国境で、三ツの川…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南越谷阿波踊り30周年記念誌

 市内で限定9,000部無料配布!  早速、山の神を走らせてゲットしました。  全104ページフルカラー、見るだけでも楽しいです。  ○が写真を撮った前夜祭の写真も沢山あります。  二日間阿呆になりきる瞬間が切り取られています。  今年の第30回は参加連78連、観客数70万人を数えました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神様と言われる人

 人には裏表がある。中には「あの人は裏表がない」と言われる人はだいたい信用される人間である。顔の数は舌の数と同じだと思う。  校長先生というのは概して「親しみやすくていいおっさん」というイメージがある。私の小学校時の校長先生も放課後は毎日キャッチボールやソフトボールをして遊んでくれた。そういったレベルで「校長先生はいい人」という概…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本橋にまつわる

1月 柳橋 2月 浅草橋 3月 左衛門橋 4月 常盤橋 5月 一石橋 6月 西河岸橋 7月 日本橋 8月 江戸橋 9月 鎧橋 10月 茅場橋 11月 湊橋 12月 豊海橋  何を意味するかさっぱり分かりませんよね。道理です。  でもやっぱり舞台は日本橋になるんですね。  このシリーズでは例外なく日本橋が舞…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明日の子供たち

 今回の有川さんは児童養護施設を舞台に繰り広げられます。  これまで、とっつきにくかった分野に敢えて手を染めて、多くに知ってもらおうというのは特に有川さんならではの展開で、そのうちにカラッと晴れるよね、と思いながら読み進められます。  児童養護施設から普通の学校に通う子供の中には、絶対に施設から通っていることを知られたく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

4人組

 二人組みなら「源と政」  三人組なら「三匹のおっさん」  それぞれ面白かった。  で、この4人組、期待を持って読みます。  キャラクターの設定はいいんですが、お話がよく見えません。  年配者の毒舌は小気味いいのですが、事件が味気ない。  イマイチの内容でしたね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

じゅんさぶちょう

 男子体操世界選手権個人総合の模様をテレビで見た。  一昨日は団体戦で、最後の鉄棒で驚異的な15.900をマークされて野球で言うと、アウェーで代打逆転満塁サヨナラホームラン、それもど真ん中に投げろと指示されて打たれた感じでした。もhしかして今日もか?ってチラリと脳裏を横切りましたが、なんとか逃げ切りましたね、内村くん。5連覇おめでとう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

竹内洋岳のルール

 「だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール」  ずいぶんと長いタイトルです。  内容の殆どは、「標高8000メートルを生き抜く登山の哲学」、「登頂」、「頂へ、その先へ」と大差ありません。  北八ツにある天狗岳に一緒に登りながらインタビューする内容ですが、インタビューする姿勢と相手を知らなすぎ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

牛を屠〈ほふ)る

 ものすごいタイトル。一体どんな本?  北大法学部卒のインテリが10年間働いた屠殺場(屠畜場)での体験を元に「牛」を解体するノンフィクション。  日頃、普通の人は「牛肉は美味いけど、牛が殺されて解体されていくところは見たくない」と思っているでしょう。○もそのうちの一人かも。  が、牛を毎日殺しては食肉用に解体することを生業…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

峠道 鷹の見た風景

 日経で★★★★★〈五ツ星)の評価が出ていたので焦って読んでみました。  最初、どっかで読んだ本(確か童門 冬二 上杉鷹山〈上〉(下))に展開がよく似ているなと思いながら読んでいました。更にどじなことに鷹山の幼名を忘れていて全くの別人か別の藩主かと思いながら読みました。最後に、鷹山同一人物であることがわかりがっかり。(^^ゞ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ペンギン鉄道なくしもの係

 正式な部署名は「大和北旅客鉄道波浜線遺失物保管所」ですが、ややこしいし一般受けしないので「なくしもの係」の看板を出しています。通常は一人+ペンギン一匹で担当しています。  鉄道の駅+ペンギンという大胆な発想に、どんな話なんだろう?と興味を持つこと請け合いです。ペンギンが電車に飛び乗ったり、座席に立ってきょきょろする姿は想像するだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グリーン・グリーン

 本のタイトル『グリーン・グリーン』って何?  まさか、ゴルフの2段グリーンの攻略本じゃないよね、と思いながら読みます。  あさのあつこさんの本だから青春やんわり派かなと予測を付けて読み始めると、まぁ当たりですわ。  『グリーン・グリーン』ってのは、某県立農林高校の国語教師として赴任した先生の名前が「翠川真緑(みどりかわみどり)」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神田川

 錦織圭、やりましたね。快挙です。まさかベスト4になるなんて。  NHKの21時のトップニュースでも扱っていました。  東京マラソン2015の申込総数が発表されました。なんと30万5,734人が申し込んでおり、抽選倍率は、約10.6倍となりました。昨年とほぼ同じですね。通知は、9月25日(木)に発表されます。今年はもう・・・。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

磐音版松の廊下

 老中田沼意次の倅が城内で刃傷に倒れる。何やら浅野内匠頭の二番煎じのような場面が突然展開されます。磐音も巻き込まれそうになりますね。 恩師の声。「無為もまた策」、、これで吹っ切れます。  数あるシリーズの中でもやはり群を抜いて出来が良かったこのシリーズもいよいよ大詰め。だんだんと登場人物が整理され始めました。2002年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

虚ろな十字架

 テーマは「死刑」  人それぞれに多彩な考え方があるのだから、果たして「答え」はあるのだろうか。   自分の娘を殺されて、あなたは犯人に何を望みますか。  「無期懲役」か「死刑」か。  裁判で刑が確定した後、考えは変わりますか?  作者らしい複雑な人間関係と絡めて「死刑廃止論」を論じています。  「死刑は無力…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

町田駅前便利軒

 東京マラソン2015、今日から受付。  ネットがむちゃくちゃ混むか?と思いきやサクサク。何ら問題なし。  ま、どうせ今年も10倍強の倍率でしょうから、最初から諦めですね。え?  手数料が増税に合わせて8%に上がっていた。ヘン! ----  煙草の本数が一本増えた。(woi) 表紙の写真です。  三浦しをんさんの「まほろ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

原発ホワイトアウト

 「ホワイトアウト」って、今から15年ほど前に発売された本(著者:真保 裕一)がすごく面白かった。また映画にもなった。  だから「ホワイトアウト」って”猛烈な吹雪等で視界がきかなくなる現象”だと思っている。こうなると、右も左も前も後ろもわからなくなり、遭難してしまうあ可能性が強い。  で、この本「原発ホワイトアウト」って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ナインデイズ

 100名山一筆書きの田中陽希君、明日はいよい富士山です。61座め。  4時半に富士吉田を出発します。  7合目の山小屋にも連絡しておきましたが、果たしてメッセージボード出すかな?  何時間で降りてくるんだろうか?富士吉田から日帰りするんだろうなキット。  体重が10Kgも減ったらしい。 ------------  20…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北岳が舞台です

 最近テレビでも災害救助犬が活躍するシーンが良く放映されます。  この本ではそこをちょっとひねって「山岳救助犬」という新しい分野に取り組んでいます。もちろん、まだ日本には山岳救助犬はいないわけですからフィクションですが、よく書かれています。北岳への登山基地となる白根御池小屋から北岳への登山ルート、北岳山頂から北岳山荘へのルート、キ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

後見の月

 このシリーズもひっちゃかめっちゃかになってきた。  吉原でしょ?吉原会所の四郎兵衛でしょ?三浦屋四郎左衛門でしょ?  自分は「吉原裏同心」を読んでいるのか?と錯覚してきます。いくらなんでも鎌倉河岸の十手持ち(町人)が吉原問題にてを突っ込んじゃいけませんや。管轄が違いすぎます。  それはそれとして、政次の父親が飾り職人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

葉隠とは

 ○は自己紹介の時に「佐賀県出身です。」というと、間髪をいれずに「えぇ?じゃ、あなたの通ったあとはペンペン草も生えないんですか?」と鋭く突っ込まれることがあります。私が不快に感じるかどうかは別として、茶々を入れた人は少なくとも葉隠のことを少しは知ってくれているんでしょう。ありがたや。  佐賀鍋島藩の生い立ちと近隣の藩主との…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わがんね新聞

 東日本大震災(2014/3/11)で被害を受けた小学校にスポットを当てて展開される心温まる短編集です。  主人公は神戸から転任してきた熱血先生。実は先生も阪神淡路大震災で妻子を失っているという震災経験者である。  フィクションであるが、緻密な取材を巧みに取り入れて感動的な本に仕上がっています。  東北気質は「黙って耐える」こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

髪結

 関東地方に大雨警報です。  新潟まで行くと雨は逃れられるかも。  ではでは。  吉原の髪結いにもしきたりがあるそうです。男の髪結いと女の髪結いがそれぞれ誰の髪を弄るかが決まっているんですね。そんなの全然知りませんでした。髪を弄られながら寝るのは髪結いにとって誇らしいことのようです。  「未決」の巻で後味が悪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駒形どぜう

駒形は「こまがた」と言ってはいけません。「こまかた」です。 <駒形どぜう>は今でも浅草駒形にあります。HPでもわかる通り「どぜう」という暖簾がかかっているだけです。店構えはほとんど変わっていないそうです。当時は牛や馬をつなぐための柵があったくらいです。     (HPの画像にリンク)  「君は今 駒形あたり どぜう汁」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

劣化するシニア社員

 この一週間、姪っ子が佐賀から出てきて、高島屋に出店していたから、付き合ってやった。  まぁ、物おじしない性格で都会向きかもね。 ---------  私ももうじき定年を迎えます。60歳以降の雇用延長義務とは希望者という意味深用語に黙殺されます。  「自分だけはそうでもない」と思っていても、周りは困っているのかも。猛省し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

はかぼんさん

 短編集です。  ぞっとするような奇怪な現象、不思議な体験、他人に説明しても 信じてもらえない、、、、霊界の本みたいです。  知っている話は一話もない、聞いたこともない話ばっかりでした。  「ばかぼん」ではありませんので。 ■第一話「はかぼんさん」  京都に伝わるある儀式。  3度続けると不幸に・・ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

走ることについて語るときに僕の語ること

 本日、8月11日を「山の日」と定める祝日法改正案が衆議院で可決されました。  お盆休み渋滞に拍車がかかりそうです。 -------  知人に強く勧められていたのですが、延び延びになっていた本をやっと読みました。 これまで読まなかった理由は、この本の作者の本はすごく難しくて私はとってもついていけないレベルと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

20

 徐々に筋肉痛が出始めてきました。  もしかしたら明日から絶好調に痛くなるのかも・・。  L球団はまだ同一カード全部負け越しているし。  木村選手が投手から野手に転向(2012年秋)して、大砲に育ちそうで嬉しいです。  地元埼玉出身だしね。  ピッチャーはマウンドに上がる前はまず、  「今日は完全試合をやるぞ」と気合…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more