住所不明で戻ってくる年賀状

 大量に出した年賀状。早いモノは年末に、遅いモノは松の内が明けてから)「住所不明」で戻ってくるのが必ず何枚かある

 あなたならどうしますか?

 (1)使い道はないので、抽選で当たるまで待って捨てる。
 (2)記念に取っておく
 (3)封筒に入れて出す。・・・・プラス80円
 (4)再度切手を貼って出す ・・プラス50円
 (5)ホワイトで旧住所を消して新住所に書き換えて出す
 (6)書き損じとして交換する 

 ○の場合は、(4)です。プラス50円にはなりますが、ちゃんした制度です。
   →あて先を訂正し、はがき料金の50円切手を貼り足して、
    表面に「再差出」と朱記すればOKです。

 (5)や(6)はアウトですのでご注意あれ
 昨日は家人のを全く新しい年賀状に印刷し直しました(本人希望により)けど・・・・。

 ○も3年前に引越しをしたんですが、引越し通知を出さずに、年賀状に引っ越した旨を書いたので、アドレスリスト修正を忘れた人が多いみたい。また、喪中の人には翌年の年賀状で住所変更を伝えたのですが、2年連続して喪中になった人には伝わらないということを失念しました。

 また、郵便局の制度には「転居・転送サービス」というものがあり、転居届を出しておくと、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してくれます。この制度を2年間利用して、2年間は転送サービスを受けることができました。もちろん、このサービスを受け続ければ、ずっと転送してくれますがま
 実は、このサービスがあるためにやっぱり旧住所で年賀状を送ってきた方が住所変更に気づかず、3年目で「戻ってきた」と電話してくる人がいます。私の処置が行き届かなかったんだろうなぁ、と申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 ところで、住所不明のハンコは2種あるんですね。
 一つは「あて所に尋ねあたりません」というハンコは、住所記載不備(番地や部屋番号)が原因らしい。しかし、何度読んでもしっくり来ない日本語だこと!

画像


 もう一つは、「転居先不明で配達できません」というハンコ。これは転送サービス期間満了の郵便物に押すらしい。(定かではありませんけど)
画像



 →○の場合は、転居通知を2回(2年目も有効)出しているので、「転居先不明で配達できません」
というハンコが押されるのではないだろうか?○に年賀状を出して不幸にも戻ってきた人教えて下さい。




"住所不明で戻ってくる年賀状" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント