りょうぜん日記(1)

8月上旬、「りょうぜん里山がっこう」でボランティアやってました。
数回に別けてアップします。

まずは「りょうぜん里山がっこう」ってなんだべ」から。

NPO法人りょうぜん里山がっこうのHPはこちら。

(概要)
山岳仏教の拠点「霊山」(りょうぜん)。
廃校となった「石戸中学校」は「ニット工場」となるも工場閉鎖。
廃校活用の木造校舎を「夢を育てる施設としてリフォームして、「りょうぜん里山がっこう」創立。
平成19年に、NPOの法人となる。

玄関、瓦、内材はほぼ校舎のまま。

画像



外部から見た壁は、ニット工場時にトタン風に変わっている。校長先生の夢は壁も昔の木造にすること。

画像


宿泊施設「ほっこ里」も併設され、益々設備充実といったところです。
自然がいっぱいの「りょうぜん」、いかがですか?

画像


「里山がっこう」の歌がありますが、難しくてなかなか覚えられません。
リズミカルな音楽で校長先生が得意な喉を披露してくれます。
歌詞がいいですね。

画像


こういうのもあります。これを見ているとなんだか勇気が湧いてきます。

画像



朝礼の後には全員で大きな声で唱和します。
どっかの工事現場みたいな感じですが、これがまた気力が充実してくるんですね。

画像


やる気が出てきたところで、まずは玄関のスリッパを揃えることから始めましょう。
ここにもいいことが書いてあります。

画像


8月から2ヶ月間”岡田稔作品展”(入場無料)が開催されています。新聞にも載りましたので来場者がひっきりなしに現れます。岡田さんは聖光学園の近くにお住まいだということです。多趣味であり、詩、木工、フォルクルクローネ、尺八なんでも上手です。たまたま本人が来られたので尺八を吹く真似だけしました。もちろん音なんか出ません。

画像



---
ところで、霊山に来る途中で川俣町を通過しました。川俣町は会社の大先輩であるKonchanの出身地です。かなりの田舎です。◯の田舎と大差ないので安心しました。でも自然の宝庫です。

画像


この記事へのコメント

momomo
2015年09月01日 00:36
○さん、こんばんは。

里山がっこうの歌、聴きましたよ。
なんか明るく楽しそうなところですねえ。
「勇気」の詩、いいですね。
どうせいつか死ぬことになっているんだから、
できるだけ笑って生きたいですよね。
2015年09月01日 08:00
>momomoさん
 里山がっこうの歌は、最近の流行歌のような曲の歌詞・進行で、ついていけません。(T_T)
 あちこちにこういった詩?が貼ってるんですが、いちいち頷いてしまいます。
レン
2015年09月04日 16:13
HPを拝見しました。
霊山、凄い形の山ですね、いかにもって感じで。。
と思ってちょっと調べてみました。
http://yamayama.jp/ryozen/ryozen.htm

パンがとっても美味しそうです。
2015年09月04日 20:47
>レンさん
霊山という山と霊山という地名の両方があります。
霊山はその名の通りですね。パワースポットがありそう。
まだ登っていません。(^^ゞ

パンは毎朝5時から作ってますよ。バンバンと音が聞こえてきます。