アルピニズムと死

 山野井さんはもっと沢山の本を書いていると思っていましたが、これが2冊目の本のようです。ちょっと驚きです。

 澤木幸太郎さんの「凛」を読んで衝撃を受けたのは記憶に残っています。
 ・・・2001年10月、最も信頼するパートナーであり妻である妙子と二人で登ったギャチュンカン(7952m)で、登頂後悪天候でビバークや滑落をしながらも奇跡的に生還した壮絶な記録です。
 失っても良い指は、どれか?
 まずは左手の小指。ようやく探りあてた1箇所にくさびを打ち込みます。ここまで、1時間。すでに、左手の小指は重度の凍傷となり、感覚がなくなります。続いて右手の小指。そして次のくさびを打ち込みます。こうして、自分の指を犠牲にしながら少しづつ、少しづつ、氷壁を降りていきます。・・・

画像


 二人は奥多摩に住んでいます。ひっそりとした静かな場所がいいようです。彼はトレーニングでジョギングしていますが、確か2008年に親子のクマに遭遇して襲われ、顔面を噛まれて救急車で病院に運ばれました。合計70針も縫う重傷を負ったことは記憶に新しいところです。

 そんな山野井さんが今度書いた本は、山で亡くなった友人を思い出しながら、どうやったら少しでも「死」から逃れられるかという実体験を語るものです。山は登って降りてくるまで死んではいけません。
 凍傷でやられた足のバランス感覚の違いや、小指と薬指のない手でアックスを振る大変さなど、悔しい思いをしているのがよくわかります。



内容(「BOOK」データベースより)
日本を代表するアルパインクライマー、山野井泰史が考える「山での死」とアルパインクライミング。
かつて「天国に一番近いクライマー」と呼ばれた男はなぜ、今も登り続けていられるのか。
「より高く、より困難」なクライミングを志向するアルパインクライマーは、突き詰めていけば限りなく「死の領域」に近づいてゆく。
そんななかで、かつて「天国にいちばん近いクライマー」と呼ばれていた山野井泰史は、山での幾多の危機を乗り越えて生きながらえてきた。
過去30年の登山経験のなかで、山で命を落とした仲間たちの事例と自らの生還体験を1冊にまとめ、山での生と死を分けたものはいったい何だったのか、を語る。
『垂直の記憶』に続く、山野井泰史、待望の書き下ろし第二弾!

発売日: 2014/10/24


画像


白夜の大岩壁に挑む  ↑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

レン
2014年12月10日 22:09
壮絶ですね。
それでも山に登るんですね…。
レベル違うけど、ゲロ吐きながらマラソン止めないレンも似たようなものかなと…。
汚い話してごめんなさい。
momomo
2014年12月11日 03:00
○さん、こんばんは。

久しぶりの本ですね。
ここまでのクライミングをする人っていうのは、
やっぱりふつうの人とはまったく違いますね。

小指がないとアイスバイル振ったりはかなりたいへんなはずです。
剣道をやっていた人間からすると、
左手の小指で打ち込みの最後の絞りをするもんですから、
小指がないとスピードも威力も格段に低下してしまいます。
彼には頑張ってほしいなあ。

そういえば頭の写真、五竜の武田菱ですね。
☆彡異邦人
2014年12月12日 14:08
~☆ 〇さんへ ☆~
お久しぶりです。
丸山直樹著の「ソロ」を読んで山野井泰史さんの
「垂直の記憶」の本を購入しました。
読んで感動しましたね。
そうですかまだ2冊目とは知りませんでした。
もっと多くの本を出していると思いました。
2014年12月12日 21:19
>レンさん
 一度は諦めたようですけど、復活するのがすごいです。

 レンさんも、よく死にそうになりながら最後まで頑張りますよね。すごい精神力です。ぞっとすることがあります。(笑)
 汚くないですよ。もっと汚い話は・・・他人のゲロを食べ・・・ウゲ!やめときます。
2014年12月12日 21:22
>momomoさん
 並外れた体力、精神力ですね。テレビで見ても部屋中ポイントだらけでコウモリのようにぶら下がっていたりしますもんね。

 なるほど、剣道のような微妙な正確性を要求するスポーツでは小指は必須なんですね。
 そういえば、ゴルフも小指と薬指でコントロールするようなことを言っていますね。

 気が付きませんでしたが、確かに武田菱でした。登ったこと無いんです。(T_T)
2014年12月12日 21:25
>異邦人さん
 お久しぶりです。異邦人さんもまだまだアチコチに登られていてすごいな、と思います。
 本人は執筆しなくても周りが書いてくれるんでしょうね。

 私のところにある「白夜の大岩壁に挑む」も本人が書いたとばかり思っていました。
 この様子もNHKで放送しましたが、良かったです。

 でも何と言っても「凛」は凄いです。ガチュンカンの壮絶なドラマが身を凍らせます。