秋の自然塾(3)

 田麦山草刈り隊最終日。今日も朝から快晴です。今日はしっかりと寝溜めして5時半起床です。
 このところ全く走っていないので脚が鈍っています。
 田麦山クロカンのコースを誰よりも早く試走することにします。
 「おー、気持ちいーい」

 草が夜露で濡れています。シューズも濡れますが気にしません。

画像


 昨日メンテした「冒険砦」(マサオさん命名)は早くも青空をバックにそびえ立っています。今回はダブルロープで補強しました。天空の城みたいでしょ。

画像


 昨日、メンテの一環で真っ先にターザンごっこでロープにぶら下がりました。ロープの張力が弱かったらしく、球が地面にゴーンと着き、タマを打ってしまいました。更には尾てい骨を打ってひでえ骨になりました。この高さですから小人は恐怖かも。

画像


 こーんな不思議な世界が待っているんです。驚きですよね。

画像


 さて、田麦山をトコトコ走ってみます。
 昨年稲刈りを経験した「友だち田」(一番上の田んぼ)も黄金色に輝いています。 もうすぐ稲刈りですからね。

画像


 もう一回ヒエ取りをしたらもっと沢山のお米が取れるそうです。Mさんによれば「ヒエさん、お願いですからそっと出てきて下さい」と頼むんだそうです。(笑)

画像


 見つけました、ハザ掛けの風景。4段の稲が掛けられています。庄平師匠のはもっと高層建築だそうです。ハザ掛けして天日干ししたお米はもう最高だそうです。
 実は途中で師匠のハザ掛けを見ようと思ったんですが電話番号で場所をうまく検索することができませんでした。

画像


 期待通りの景色で嬉しくなりました。

画像

 (某所の写真をスキャン)


 最後に「高場山トレラン」コースの下見です。途中の展望台からの景色です。この景色を見たらランナーも思わず立ち止まることでしょう。是非、自分の目で確かめて下さい。

画像


 展望台でこの後の展開を検討する発起人連中です。

画像


 一番の難敵はこのカヤです。ここも草刈りしないととても走れた状態ではありません。10月の3連休に再び草刈りに来ますね。
 この後、地元で協力していただく川井地区の方にあって、打ち合わせ日程と草刈り日を決めました。

画像


 帰り道、「むかご」(新潟弁ではぬかご?)を取ります。傘を逆さにしてカズラを引っ張るとむかごがぼろぼろと落ちてきます。

画像


 早速、むかごご飯にして頂きました。コシヒカリに秋鮭入りのご飯は最高でした。

画像


以上、田麦山の草刈り隊@連休

帰りは高速代渋滞につき一般道を300km走ってきました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

momomo
2014年09月18日 00:10
○さん、こんばんは。

どうもお疲れさまでした-。
米どころの秋の景色ってなかなかいいもんですね。
尾てい骨、大丈夫ですか?
○さんがそれだけ打ったのだから、
ぼくだったらタダじゃすまなかったですね(笑)。
2014年09月18日 00:32
>momomoさん
 やっぱり日本人は「お米」を見ると心がなごむようです。
 更に日本でも有数の高級ブランド米ですから。

 尾てい骨、OKです。このために筋肉を付けましたから。(笑)
 momomoさんでも大丈夫なようにワイヤの張力を強くしましたよ。どうぞどうぞ!
レン
2014年09月18日 18:58
お疲れ様でございました。
素晴らしい日本の風景ですね。
コスモスとハザ掛け、頬がほころびます。
草取りなどのご苦労もありますが、ムカゴご飯など、なかなか都会の日常では味わえないことをなさっていますね。
冒険砦も完璧、トレランのご盛況、間違いなしでしょう。
2014年09月18日 22:43
>レンさん
 田舎の風景って心が休まりますよね。
 特に黄金色の稲はいいです。
 確かに「むかごご飯」など都会では食べませんしね。
 今度は自然薯掘ってこようかな?

 28日、クロカン、ガンバリまっす。(^^)v