原市沼の古代蓮

 古代蓮といえば”行田”とばかり思っていましたので、片道50キロ以上も車をぶっ飛ばして見に行っていました。
 が、上尾にも古代蓮を咲かせている人達がいる、ということを昭jijiのブログで知りました。ちょうど出かけるついでがあったので立ち寄ってみることにしました。当日は雨模様だったので躊躇しましたが、小雨になったので急遽再度方針変更して立ち寄ってみました。

画像


 入場無料です。別途募金箱はあります。
 この数日、急に開花本数がうなぎのぼりに増えています。もうじき「いっぱい」と表示されてもおかしくないでしょう。この時期、朝は5時から開園しています。長尺の放列は何処も同じですね。白黒対決も見ものです。

画像


 上越新幹線とニューシャトルが上を走っています。数分おきに通過しますから、蓮と新幹線とニューシャトルを一緒に構図に収めるのが面白いと思います。が、今日は時間がありませんし、コンデジしか持ってきていないので無理です。(T_T)

画像


 「蓮の音」について看板がありました。実は、何を隠そう○も蓮の花が開花するときには「ポン」と音がすると信じていました。(^^ゞ だって、すかんぽだって折るときには「(すかん)ぽん」と音がしますよね。

画像


 このくらいの蕾は明日には開くのでしょうか?

画像


 雨に濡れた後だと水滴が綺麗です。色も最初は濃いピンクでうっとりです。2000年か3000年か前の花だとはとても思えません。

画像


 ここの花は花径が大きいことも特徴だそうです。普通の蓮は直径30cmもあれば大きい方だそうですが、ここのは直径35cmクラスはもとより、中には40cm超もたまに咲くようです。なんでそんなに大きな花が咲くのか専門家も興味があるそうです。

画像


 この園地には蓮の他にも半夏生が満開でしたしスイレンやコウホネもあったようです。ブラックベリーも沢山の実をつけており、○も20粒ほど頂きました。

画像


 PS.昭jiji、呼び出した上に差し入れまでいただき有り難うございました。m(__)m

------------
 先日のホチキス、こういう風になっていて横向きに止めることができます。
 重宝しています。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

momomo
2014年07月07日 02:34
○さん、こんばんは。

古代バスは初めて見たけどきれいなもんですねえ。
前日が雨でなければもっと形よく開いていそうだったのが残念。
運営がたいへんということで、
ずっと続けていくために何かいい方法はないでしょうか。

ハスが咲くときは音なしだそうですけど、
ボタンが咲くときはバサッって音がしますよ(笑)。
2014年07月07日 23:06
>momomoさん
 古代蓮、momomoさんのところからも近いので何らかの形で応援して下さい。

 牡丹が咲く時の音は知りませんが、落ちるときは「ボタンッ」と落ちるそうです。(笑)
2014年07月07日 23:07
>レンさん
 何千年も眠っていて、こんなにきれいな花を咲かせるってロマンですよね。
 新幹線もカラフルだし楽しいですよ。