ヤマケイ4/3号にMさんが

 いつものように隔週で到着するヤマケイのマルメガです。
 (無断転載はNGなんでしょうが、特別に許してください)

画像


 表紙の次のページに移動した途端、固まった!
 ノンベェのMさんがドーン
 「ギャーーー  で、で、出た~」
 もう、びっくりして息が詰まりました。ゲホゲホ!

画像

『ヒマラヤのパレット』で日本文芸アカデミー、ゴールド賞を受賞。

 そりゃ、知ってますよ。お祝いしましたし。
 見たことのあるぎゃらりーの前ですね。
 そういえば、この時に「インタビューを受けた」と言ってました。

画像


----本文そのまんま
画像

 森山勇さん。『ヒマラヤのパレット』と受賞の盾を手に


画像

陸前高田にて。奇跡の一本松の上空に二本の虹がかかった(2011年4月25日)

50歳から120歳の人を対象とした「日本文芸アカデミー賞」。過去に細川護熙さん、日野原重明さん、チャールズ・ジェンキンスさん、吉行あぐりさん・和子さんなども受賞しているが、昨年11月に、そのゴールド賞を受賞したのが森山勇さん(74歳)。1998年シルバー登山隊で8000m峰に登頂した行程をスケッチした画文集『ヒマラヤのパレット』(山と溪谷社刊、絶版)が評価されたもの。

                  ----------------------

週刊ヤマケイ(以下Y):受賞おめでとうございます。森山さんのこの本が世に出てから、だいぶ年月もたっていますが、今回、どういう経緯で選ばれたのですか。
森山(以下、M):昨年3月に「橋のある風景」という個展を開いたのですが、そのとき、審査員のお一人のかたが、たまたま来場されたのがきっかけでした。
登山は、学生のときから休むことなく続けてきました。出張の先々でも山に登るぐらいの勢いで。でも、「やっぱり、登山の檜舞台はヒマラヤ」という思いがありまして、50代後半で参加したガッシャブルムII峰の登山の様子や、人とのふれあいを描いたものが、この『ヒマラヤのパレット』でした。
・・・
Y:拝見する度に、ほっとするような森山さんの絵ですが、そもそも、描かれるようになったきっかけは、なんですか。
M:子どものころから好きでした。絵を描くくらいしか、遊びもなかったですしね。学校の先生にもほめてもらえて、ますます得意になり、大学では建築科を選び、後のリゾート設計に役立ちました。
山もそうですが、「高いもの」、「美しいもの」に憧れます。極めつけの美といいますか。全国の五重塔や三重塔を描き続けていますが、信仰の心を満たしてくれる究極の美しさを感じます。今でも「美しさとはなんだろうか」と思いながらの旅を続けています。
・・・
Y:最近は、震災の被災地にも通って、描かれていらっしゃるとお聞きしましたが。
M:私は新潟県の、今は長岡市になった旧田麦山村の生まれなのですが、2004年10月に中越地震で大きな被害がありました。その惨状を、写真ではなく絵で描いて伝えたいと思ったんです。
東日本大震災の被災地にも出かけています。「ものが壊れる」、「ものが失われる」。建物とはいえ、命あるものが消えていく断末魔の叫びが聞こえてくるような気がします。失われていく歴史を残すために、何かお手伝いできないかという気持ちで続けています。この秋には埼玉県川口市の総合文化センターで三陸の風景展もしますので、お近くのかたは、ぜひ見にいらしてください。
                                 (聞き手=久保田賢次・『週刊ヤマケイ』編集長)


森山勇(もりやま・いさむ)
1939年、新潟県生まれ。74歳。日本大学建築学科卒業。以後、索道メーカーに入社し、35年にわたりスキー場の計画、建設を行なう。95年、日本大学エベレスト登山隊に学術班として参加。雪氷および環境の研究を行なう。98年、シルバータートルGⅡ隊に参加し、登頂を果たす。日大桜門山岳会会員。日大岳彰会会員。山岳環境設計を本業とし内外の山々にトイレを造る。田麦山自然塾、ヒマラヤン・グリーン・クラブの活動も続けている。

『ヒマラヤのパレット』
作者保存の在庫が多少あります。頒価2,000円(送料込み)。下記に手紙でお申し込みください。
〒333-0866埼玉県川口市芝2785-3 森山勇


日本文芸アカデミー賞
http://www.npojaa.or.jp/mine.html 



------------以上、原文のまま

 本人に電話したら「あぁ、そうかいそうかい。わたしゃパソコンないから後でコピーしといてくれや」 (笑)
 
 それにしても、「M」さんと表現するのは私だけだと思っていました。けけけ。

 ヤマケイのマルメガは写真も綺麗で楽しませてもらっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

momomo
2014年04月05日 04:20
○さん、こんばんは。

Mさん、すごくまじめな顔をして写っていますね。
ふだんまじめじゃない、というわけではありませんが(笑)。
Mさんのお話だったら、これの10倍くらいは聞きたいですね。
陸前高田の絵はほんとうにいいですよね。
2014年04月05日 09:38
>momomoさん
 お祝い会の写真にmomomoさんがいないと思ったら遅参でしたね。
 Mさん、素面の時は凄く真面目です。恐い((゚Д゚ll))
 だから、まず飲ませるんです。(笑)
 仕事でも完成イメージをスケッチで示して何度も成功した模様です。
レン
2014年04月06日 22:41
知っている方がどーーーんとこんな風に雑誌に載ることなどまずないので、ちょっと感動しました(笑)
Mさんの絵は本当に素敵です。
頂いたコピーやお手紙は、壁に貼ってあります♪
2014年04月06日 22:47
>レンさん
 そうですねぇ、URLをクリックしたらいきなりドーンでしたたから僕の衝撃は大きかったですよ。焦りまくりでした。
 でも本人は至って普通(どっかで飲んでいて出来上がってましたけど)でした。ガハハって。
 私も絵はクリアファイルに整理してあります。どんどん溜まってきます。(笑)