新宿シティハーフマラソン

 国立競技場が建て替えになるので、このトラックを使っての大会は最後になります。昨年はランナーとして走らせていただいたので今年は最初からボランティアでの参加です。

画像


 今回から○が所属するNSVA(Nippon Sports Volunteer Asociation)
がこの大会の主催に名を連ねたのでボランティアリーダとして参加します。

 7時40分、花園小学校に着いて受付を済ませます。8時から本日の仕事の説明。年末の説明会で概要は聞いていたので今日はおさらい。オレンジのウェアが一般ボランティです。

画像


 今日の受持区域は18区です。1区から順番に区分けされています。ラッキーな事に18区は1周目だけしか走らないコースです。他の殆どが2周目も走るのですが、、。 Mさんも15区だそうで一周目だけ。Wさんは5区で2周めも、10kmもありです。おぉ、かわいそうに。

 8時30分に受持区域に移動します。
 富久町西交差点が担当です。東京マラソンでも急な下りになるところ(今回は逆から来るので上り)です。この大会は歩行者の横断ありなので神経を使います。
 警察や陸連の方々に挨拶をしたり、コーンを運んだりします。交通規制は9時10分からなのでしばらく待機します。

画像


 9時10分になりました。素早くコーンを並べて1車線規制をします。この大会は片側2車線の内、1車線だけを使った大会です。なので、車がコーンの右側をビュンビュン走るので非常に危険な大会なのです。ものすごく安全に気を配らなければなりません。

画像


 この地点は8km地点です。9時スタートなので9時半頃からランナーが続々やってきます。もう写真を撮っている余裕はありません。選手を応援する余裕もありません。横断した人が文句を行ってきます。200m先には歩道橋があるのですが勝手に渡ったり、私達に噛み付いてきたり、、、想定内のトラブルが続出します。タクシーの運ちゃんはどこで聞いてきたのか「あっちの警官がココに行けば横断できるといったんだ」といって強引にコースに入ってきました。こちらも警察に対応してもらいましたが、結局警察側が折れました。

画像


 NSVAの宇佐美会長が自ら出来立ての「NSVAサポート隊」の帽子を持って来て頂きました。NSVAがこのマラソン大会にかける意気込みを示すために立ち上げたサポートチームです。次回からもこの帽子をかぶって活動します。宇佐美会長は一人で歩いて帽子を配り歩いたんでしょうか?この後、国立競技場に戻った時にいました。(笑)

画像



 10時20分、規制解除してコーンを片付けて集合場所に戻ります。で、解散です。なんだか申し訳ないぐらいに早く終わってしまいました。

画像


 その足で、国立競技場に戻ってくるとハーフのランナーがまだ走っており、関門にひかかって競技を中断させられているところでした。

画像


 最後となる国立競技場の観客席でハーフのゴールシーンを見ながらスタッフに配布されたお弁当を広げます。ボランティア弁当にしてはまぁまぁでした。(^^)v

画像


 続いては10kmの部です。11時40分スタートです。一昨年はエントリーでログインも出来ずに敗退し10kmを走りました


画像


 今日は、余裕で観戦です。
 10kmのスタートです。拍手で送り出しました。
 トップの選手は32分ぐらいで戻ってきました。福島の選手でした。
 このレースの後Wさんの様子を見に行ったらまだボランティアをしていました。

画像


 強引にボランティアをお願いしたウヲトさん、レンさんお疲れ様でした。
 私は帰宅してやっと昨日のお酒が抜けました。(笑)




この記事へのコメント

momomo
2014年01月27日 00:24
○さん、こんばんは。

いろいろとたいへんなのですねえ。
どうもお疲れさまでしたー。
これからも頑張ってくださいね。
それにしても二日酔いで出かける根性がすごい。
このぼくでもさすがに早起きの前日は(少し)控えます(笑)。
レン
2014年01月27日 11:46
二日酔いとは思えない、
立派なボランティアリーダーぶりでいらっしゃいましたよ!
お疲れさまでございました。
どちらかというと、
交通整理より応援を頑張っちゃったレンでした。
楽しかったです。
いい経験を、ありがとうございました。
今日は喉がイガイガです(^^;)
2014年01月27日 23:50
>momomoさん
 今回は楽でした。皆が積極的に協力してくれました。
 いやぁ、二日酔いで辛かったです。朝から気持ち悪くて・・
 あんまり飲んでないはずなんですが、、、ねぇ?のらさん!

2014年01月27日 23:51
>レンさん
 ボランティアありがとうございました。
 レンさんの黄色い声援でランナーは勇気をもらったことでしょう。
 最初から最後まで声を出すと喉をやられるんですよ。

 また、機会があればご協力よろしくお願いします。