福島応援キャンプ(3)

シルクバレー キャンプ場をさるく 

 キャンプ場のキャッチフレーズは、

  毛無し合いより 禿増し合い!
   えっち団結!!


 
画像



 なんなんだこりゃ??  いきなりオヤジギャグ全開モード。
 そんな、♪楽しい 楽しい キャンプ場 ♪ に関東利尻会10人でお世話になりました。とっても雰囲気がいい、設備もバッチリ(もちろん都会のトイレの花)、集まるキャンパーも直ぐに仲間です。

 田代山、帝釈山を下りてから「湯の花温泉めぐり」をすれば、唐沢トンネルを抜けると近道である。

画像


 国道から分かれてくると、木賊(とくさ)温泉を目指すと解りやすい。

画像


 木賊温泉の案内板があるので、地理のイメージをして行こう。シルクバレーキャンプ場は川衣交流センターって書いてあるあたり。

画像


 舗装道路をバンバンすっ飛ばすと、キャンプ場の看板が立っているので見逃すことはない。川原に向かって急な下りなので、ライダーはこの先で曲るとよい。うっかり通過してしまった車もこの先でライダー道を曲ればよい。

画像


 シルクバレーキャンプ場の銀座通り。テント張り放題です。やっさんの車とテントがスタンバっている。青い屋根がキャンプ場のコミニュティセンター(いわゆる、談話場)になっている。

画像


 さらに先まで行くと、平坦なバイク迂回路がある。看板が逆なのは写真を合成したから。

画像


 急坂を下ったところが正規の入口。利用料金1,000円/人(大人)、車1回500円、新築みたいなバンガロー5,000円と安い。5人で利用すればテントとの差額は200円だけ。雨が降る日はバンガローで頑張ろう。

画像


 炊事等。大型冷蔵庫(コミニュティもある)や、携帯充電設備も完備。自販機は缶ビール250円とこれまた破格値。ゴミも分別するだけ。
 ガスとか薪とかは心づけ程度で利用させてもらえた。

画像


 ハローキティにとまっているのは何でしょう?綺麗ですよね。
 この他、バンガロー2棟(さらに1棟増築中)、水洗トイレ、東屋などはあるが、それ以外の遊具はない。あ、薪割りはありますよ。

画像

 
 時間があるので、近くを探索してみる。まずは上流に向かう。
 道路には、でっかいムラサキツメクサがうじゃうじゃたむろしているよ。

画像


 作りたての豆腐を朝から贅沢に食する泉屋豆腐店。キャンパーもこぞって調達に行く。

画像


 消防団舘岩支団。消防団員の人数は大丈夫かなぁ。

画像


 あら、ここから先は入山禁止だって。「山菜・キノコ等を取った者は全て没収します」(原文のまま)。とすれば、人間(=者)が没収されちゃうんだ。恐いぞ!
 恐れおののいた小心者の○は回れ右してスタコラさっさと逃げ帰る。

画像


 下流に向かう。真っ白ででっかいアジサイがとても綺麗。空気が澄んでいるからね。夜は星が降ってくるし。

画像


 「よくきゃったな」の看板に思わず笑みがこぼれる。会津地方(いや、福島地方?)の方言なんだろうか、嬉しくなってくる。その割にはいろり喫茶「パルジュ」とかのハイカラ名前である。

画像


 初日は日本酒1升、2日目は2升の地酒を買い求めて応援した「橘商店」さん。マスターが夜はキャンプ場に飲みに来ていて一緒に騒いだ。(^^)v
 やっさんがちょうど日本酒を買っているところに遭遇。

画像


 橘商店の反対側から「木賊(とくさ)温泉」岩風呂に下っていく。ここでの共同浴場とは混浴だった。わーい!
 どうしても恥ずかしい女性は湯浴みが100円で借りられるよん。200円でしっぽりと温まる温泉に直行しよう。

画像


 川原に下りたらそこが温泉。脱衣場は女性のみ。ワイルドだぜー。MIXさんがさっさとスッポンポンになって皆を歓迎してくれるヨ。他にも男性が入っていたから女性陣は泣く泣くここで引き返し。「一緒に入りたかったなぁ」(女性陣の声)

画像


 極悪コンビはここでも我が物顔で闊歩している。湯が熱いので川原の水に入ったりする。
「おぉ、立派な○○」  ※○○=ハラ

画像


 お墓が立ち並んでいる。よーく見るとどれもこれも「橘家の墓」である。この村の祖先はみーんな、橘さんに違いない。さっきの橘商店しかり。

画像


 宿があった。やっぱり「旅館 橘」だったりする。オオアセ。

画像


 道路脇にも花が咲いている。なんだろう?「オダマリっ」

画像


 もう一軒の公衆浴場「広瀬の湯」。川原にあるが、川原には降りられない。

画像


 こちらは300円で男女別の湯。ちなみに木賊温泉との共通券ではなく独立している。こちらの湯温は23度と低めで沸かし湯となるので営業時間は14時半から20時となる。でも温まるよぉ。

画像


                  (つづく)




この記事へのコメント

momomo
2012年06月21日 02:02
○さん、こんばんは。

いつの間にこれだけの写真を撮っていたのですか。
Qビデオともども、油断も隙もないですねー(笑)。
ちなみに墓地の橘家。
道路を挟んで反対側の同規模の墓地には、
橘家の墓石はひとつもありませんでした。
ビミョーな何かがあるのでしょうね。
レン
2012年06月21日 14:54
わあ、いいですね~。
キャンプしたことがないのですが、色々揃っていて手軽そうです。
かなりワイルドな露天風呂ですね。
本格的な露天風呂も未経験。。。

キティちゃんに止まっているのは、オオミズアオのようです。
http://www.jpmoth.org/~moth-love/HIKAKU/omizu_onaga/omizu_onaga.html
  うちにもときどき来ますよ。
  怖いので、知らんぷりしています。
オダマキ、愛らしい花ですね
Q
2012年06月21日 17:11
いやーびっくりした。
マ◯かと思っちゃいました。
2012年06月22日 23:50
>momomoさん
 ちょっとお散歩したので。
 今回、momomoさんも沢山撮ってましたねぇ。
 でも、変なのは撮ってないって?
 橘家の墓、そうなんです、反対側にはほとんど(全然?)なかったんですが、出さなきゃワカンないだろうとおもっていたのに、さすがmomomoさんにはしっかり感づかれていたか。
2012年06月22日 23:52
>レンさん
 なに?キャンプしたことないってか?じゃ、今度○とキャンプしましょう。んふふ、楽しいよん。ここはコンヨグだす。
 オオミズアオ、検索したらピッタリのようですね。だいたい「ガ」あdと思いませんよ。
2012年06月22日 23:53
>Qさん
 ○ラ、って書いたらもっと間違いやすそう。(^^ゞ 
 恥ずかしいですよね。バキッ!!☆/(x_x)