ゆかり

 「お通し」に続いて「前菜」は早くも季節を先取りした端午の節句にちなんで、菖蒲とチマキ。
 写真をとってもいいですか?と聞いたら「あ、どうぞどうぞご自由に」との許可を得た。

画像


「お椀」は桜餅。ほんのりと桜の香りが漂ってくる。
お酒は、「竹酒 樽の香り 竹筒酒」で、ほんのり樽の香りを一緒に味わう。

画像


「造り」は、イカと**(忘れた)

画像


「酢物」は、**(これも忘れた)
お酒は「三谷藤夫 山廃吟醸」で、すっきりと深い味わい。

画像


「焼物」は鮭(だっけ?)

画像


 ゆかりのマスター「野永 喜三夫」鉄人にカメラを向けると、さりげなくポーズをとってくれる。「なんかこの格好が一番似あってると思うんですよね」お茶目である。

画像


 2008年に中山牧場に足を運び、佐賀牛でのオリジナルメニュー完成。


そして、まさに旬の平貝(タイラガイ)、帆立よりシシンプル。

画像


「留物」は、***(忘れた)
お酒は「〆張鶴 純米酒」、これがまた美味いんだ。

画像


「食事」は、なんかのお粥

画像


「水物」は、珍しい豆腐だったような。(^^ゞ

画像


 ひざ掛けは「どうぞお持ち帰り下さい」

画像


 お土産は「ルクエ スチームロースター」
 電子レンジ・オーブン調理時には食材表面の水分を飛ばして、美味しさを封じ込めます。名人がレシピも出しています。頼むよ細君!

画像


 一週間の大九州展を終えて、姪っ子は佐賀に帰っていった。
 またな。(^^)/~~~

 本日、コメ欄閉じてあります。m(__)m

この記事へのコメント