突っ走れ

 タイトルとイラストから「ヒルクライマー」、「エデン」、「サクリファイス」のたぐいと思って期待して書を読む。しかも「芥川賞候補作」だった?らしい。

 主人公は八王子に住む高校生で学校では陸上部に入っている。ふとしたことから物置にしまってあったビアンキ(って有名?)のロードレーサーで、区内の学校まで自転車で行って、そのまま授業をサボってしまう。

 生まれて初めて自分の足で4号線を北上していく。千住、草加、越谷、春日部と◯の地元を過ぎていく。いつ引き返すのかな?と心配になってくるが、郡山、猪苗代と学校をサボり続け北上を続ける。
 米沢から日本海に出て一瞬戸惑う。

画像


 リッチなのか食料はほとんどコンビニ。
 結局、青森に着きあわや北海道??

 携帯で連絡を取ったり、GPSで場所を確認したりするところは現代っぽい。
 が、冒険的な要素や、事故もなく盛り上がりにかける。自転車よりランニングの方が良かったんじゃ?



内容紹介
物置で発掘した緑のビアンキ。その自転車で学校に行った僕は、そのまま授業をさぼって北へと走るが……。「21世紀日本版『オン・ザ・ロード』」(読売新聞)と評された、文藝賞作家の青春小説!

この記事へのコメント

レン
2011年08月23日 00:35
突っ走った動機はなんだったのでしょう?

自転車の方がずーーーっと楽ですもん。
momomo
2011年08月23日 00:41
○さん、こんばんは。

昔イタリアに、アウトビアンキという車があって、
これは、自転車メーカー、ビアンキの自動車部門が独立して造った車です。
ビアンキから離れたから“アウト”。ほんまかいな。
ビアンキは老舗自転車メーカーとして有名ですよ。
ほり
2011年08月23日 16:50
何か夢のような話ですな。
そんなことでも、なにかひきつけるものがあれば読めると思います。
2011年08月23日 23:23
>レンさん
 途中で引き返すが嫌だっただけなんじゃ?
 やっぱり、走るより自転車ですよね。
 行動半径が広がりますもん。◯もそのうち。
2011年08月23日 23:26
>momomoさん
 やっぱり有名なメーカなんですね。
 自転車の世界は特殊なんでよくわかりません。
 後数年したら、自転車で走りたいな。
2011年08月23日 23:27
>ほりさん
 確かに実際には実現できることだとは思います。
 でも、やっぱドキドキしながら読みたいですよね。