○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS トカラ(7) 第6島 小宝島

<<   作成日時 : 2012/12/08 09:57   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 昨日は東日本大震災を思い起こすような激しい揺れに一瞬、身が凍りつきました。
 僕の職場は東京湾の海面から直線距離では100mもないところですし、当然埋立地ですから地盤が弱いのです。その6階にいましたが、相当揺れました。PCのLCDは耐震してあるので剥がれそうだし、天井のエアコンがギシギシと音を立てます。

 さて、
 -------------トカラ列島島巡りマラソン、、、まだ続いているんです。(^^ゞ
 陽が随分と西に傾いてきました。
 フェリー「としま」は間もなく小宝島に接岸します。

画像


 まずは、小宝島のことを学習しましょう。
 宝島の北東約16kmにある隆起サンゴ礁でできた周囲約4kmの小さな島。アダンやソテツが生い茂り、道路わきにはハイビスカスが咲き乱れる亜熱帯情緒あふれる島です。一番高い山でも標高103mという平坦な島で、30分も歩けば島一周でき、海上から見ると妊婦さんのように見えます。立神と呼ばれる多くの奇岩が海岸線にそびえ立ち幻想的な景観を織りなし、中でもウネ神、赤立神などは見ごたえがあります。

 
画像


 島民の方たちが待っていてくれました。どことなくのんびとした感じです。

画像


 この島にも、島酔潜人さんに紹介していただいた人がいるはずです。会うのが楽しみです。
 タラップを降りる際に、もしかしてこの方?ってピーンときました。
 「すみませーん、ガンちゃんですか?」
 「はい、そうですが。○さんですか?」
 「はい、ご紹介いただきました。始めましてぇ」
 がっちり握手して、ユックリ会話・・・などできるわけもなく。
 ガンちゃんは小宝島の区長さんです。リレー選手としてたすきをかけて島内を一緒に走るそうです。

画像


 うわぁ、小宝島って綺麗な島ですねぇ。海の色は真っ青だし、奇岩もあります。ゆっくりと探検したいところです。

画像


 気がついたらスタートです。この頃になるとスタート前の緊張感はほとんどありません。(笑)

画像


 スタートしました。この島は唯一、ほぼフラットなコースです。ガンガン飛ばします。綺麗な景色に目を奪われますが、我慢して走りに熱中します。

画像


 向こうに見えるのが小島でしょうか。いいコースです。
 もしかしてこの先に、温泉があるんですか?後で聞いた話ですが、温泉に入った選手はシューズを脱ぐのが面倒なので、ここはサンダルで走ったとのことです。女性は、全裸にはならないで??温泉に入ったそうです。すごい余裕ですよね。

画像
 
 
 島民の方々の応援風景です。右端にいる小学生はリレーで走るんでしょうか。タスキを受ける格好がドンピシャ決まってますね。がんばれよ〜。

画像


 奇岩が道路まで迫っています。迫力ありますね。ロッククライミングが好きな人には最適なトレーニング場所かもしれません。(笑)

画像


 もう島内を一周してゴールしました。本当に走りやすいコースでしたね。
 自ら応援団長を志願しているSさん。今年は体調不良(××り過ぎ)で走るのは止めたそうですが、全島でこうして応援しています。

画像


 スパイダーマンが帰ってきました。糸が切れると速いんです。糸があると、飛んじゃいますけど。(笑)

画像


 ツッチさんも戻ってきました。お疲れさんでした。

画像


 走り終えたメンバーです。残すはあと1島のみ。早くビールが飲みたいよ〜、という顔していますね。

画像


 走り足りなくて、岩場を走っている人がいます。もしかしてランテツさんですね。まだマジランしていないそうです。

画像


 再度Sさんの勇姿。フェリーよりでかい!

画像


 さぁ、そろそろフェリーに戻りましょうか。出港の時刻が迫ってきました。
 ガンちゃんは一緒のフェリーに乗り込んで、宝島に向かうそうです。三線を持参されています。宝島で聞けるかと思うとうきうきしますね。

画像


 おっと、こりゃまた失礼!
 おじぃちゃんがゴールしてきました。まだ悲壮感は漂っていません。すごいです。

画像


 慌ただしくフェリーに乗り込みます。本当に綺麗な島です。うっとりします。

画像


 フェリーはゆっくりと小宝島を離れていきます。
 島民の方が書いてくれた寄せ書きの旗を振って感謝します。
 ありがとう、また明日ね。

画像


 小宝島の方々です。ガンちゃんの奥様もいます。

画像


 フェリーは一気にスピードを上げて、最終の宝島に向かいます。

画像
 

 ○の走行記録  小宝島 3.0km  13分19秒 区間順位17位

 (参考)宝島小中学校 小宝島分校 のブログ
 http://www.tokara.jp/school/kodakara/2012/10/post-600.html

 続きます。

 トカラ(6)へ   トカラ(8)へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごくいい島だったでしょ、何日いても飽きない島なんですよ。
あれ、温泉に入らなかったんですね... てっきり入るものだと思っていたのに.. :-)
でも、ちゃっかり入った人もいたんだ... 余裕ですね。
島酔潜人
2012/12/08 12:37
○さん、こんばんは。

まだ続いていたんですね(笑)。
「また明日ね」というのがいいですねえ。
そういえば○さんはまだ温泉に入っていないのですか。
次回も楽しみにしています。

若洲ではまだ飲んでいるんだろうなあ…。
momomo
2012/12/09 00:24
>島酔潜人さん
 この島なら一週間いても飽きないと思います。島酔潜人さんが長期滞在されるのが納得できます。
 ○が温泉に入っていたら、制限時間に間に合わなくなって次の島に行けなくなっちゃいますよ。
 温泉に入れる人は走る実力が相当あるランナーです。

2012/12/09 14:53
>momomoさん
 フェリーは翌日復路で寄港しますからね。
 温泉ですか?はい、次の宝島では温泉に入ります。

 若洲では何時まで飲んだのか、どうやって寝たのか記憶に無いですね。
 テントの中はあっちこっちに物が散乱していました。

2012/12/09 14:55
○さん。こんばんは。
どう見ても走ってないでしょ、わたくし・・・。役者ですね。
子宝島いつかゆっくりと訪れたいですね。
周回走で100kなんていうのも楽しそうです。
テツラン
2012/12/12 21:16
>テツランさん
 はい、走っていません。バキッ!!☆/(x_x)
 お散歩中ですね。

 小宝島、いい島のようですね。100km、、、私には無理っぽいです。
 利尻島の55kmでも躊躇してるんですから。
 テツランさん、利尻島一周如何ですか?6月一週のはずです。

2012/12/12 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
トカラ(7) 第6島 小宝島 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる