○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴロー修理

<<   作成日時 : 2012/06/29 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 ○の登山グループはゴローが多い。
 今度の大岳山では多分半数くらいがゴローを履いてくるはず。
 俗称「ご老体」で通用する。

画像


 ○のゴロー(S−8)は1997年に買ったからもう15年になる。当時のゴローは年号入りだった。
 今年5月の北穂高で靴擦れを起こしてしまった。

画像


 なんでかなぁ?っと思っていたら、次の田代でかかと部分の布が剥がれているのがわかった。
 この時は、momomoさんから大きめのバンドエイドを頂いて事なきを得た。
 帰ってきて、愚妻に話すと翌日にはそのたぐいのバンドエイドがどっさり準備されていた。(^^ゞ

画像


 毎回、バンドエイドで保護するのもなんだしどうしたもんかと思い、ゴローに電話してみた。
 すると、「靴を見てみないと何とも言えないが、もしかしたら修理できるかもしれない」とのこと。
 ダメ元で、ゴローに持ち込むことにした。

 前回はソールを張り替えただけで済んだが、今回はどうかな?

画像

 (前回のソール張替え後)

 お店に入って順番待ちをしている間に、並んでいる靴を見る。
 S−8、ブーティエルとも今年の4月から3,000円値上げされている。でも20年ぐらい据え置きだったしね。
 この値段に深型(+3,000円)、オーダーメイド(+3,000円)(いずれも税抜)を出せば新品を履くことができるんだけどね。インソール、コバもオプション。
 うっとり、深型にしようかなぁ・・・・・。

画像


 さて、自分の番が来た。
 息子?:「えっと、かかとが当たるんでしたっけ?」
  ○  :「当たるんじゃなくて、布が破れて靴擦れが起きるんです」
 息子?:「あ、これ革当ててスベリやれば大丈夫だよ」
  ○  :「え?修理できるんですか?糸も少し切れていますよ」
 息子?:「もちろん縫いますよ、補修用の革を当てますし」

 親父 :「これ、ソール交換しなきゃだめだよ」
  ○ :「修理できるんならもちろんソール交換もお願いします」
 親父 :「よくまぁ、こんなソールで履いたな。呆れるよ」
  ○  :「はぁ、すみません」
 息子?:「十分自分の足に馴染んでいますからもったいないでしょ」


画像


  ということで、心は新品のゴローに傾いていたのに、修理できるんだそうな。
 フ・ク・ザ・ツ

 息子?:「でも修理はこれが最後ね。次回は靴そのものだよ」

 来週金曜日に修理ができる。ソール張り替え(8,400円)、革スベリ(3,000円) [税抜]で
やってもらうことにしました。前回のソール張替えは7,000円[同]だったからこちらもちょっと値上げされている。
 けど、15年たっても修理してくれるって他にある?やっぱり自分のところで作っているっていう自負があるんだよね。外国ブランド物じゃありえないかも。

 このままにして富士山専用に格下げしようと企んだが、もうしばらく履くことになりそう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん、こんにちは。

昔ながらの革靴っていいですよね。
つま先も頑丈で安心です。それにカッコイイ。
ぼくも若い頃はごっつい革靴で登っていましたが、
いまは冬山用に1足残してあるだけで、
いつも運動靴に毛の生えたような軽い靴で登っています。
撮影の時などは松ちゃんから、
ちゃんとした靴を履いてきて、と注文付けられています。
momomo
2012/06/30 17:28
>momomoさん
 昔ながらの革靴以外は恥ずかしくて履けないです。(^^ゞ
 最近の登山靴はカラフルですからねぇ。
 momomoさんも黄緑系好きですよね。

 ○は冬山用としてプラスチックブーツがあるので3シーズン用でいいんですけど。
 Mira47さん、鋭い指摘。エエドエッド。

2012/06/30 19:56
ピカピカに磨かれたゴローの靴はかっこいいですね!
見るとやっぱり欲しくなる〜。
たまねこ
2012/07/01 15:47
>たまねこさん
 ○は一度も磨いたことないから何にみ言えません。バキッ!!☆/(x_x)
 防水クリームと栄養クリームの塗り方をいうだけ。(^^ゞ
 確かに、綺麗に手入れされた革靴は綺麗です。

 たまねこさんのようなカラフルでカッコイイシューズに憧れます。

2012/07/01 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴロー修理 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる