○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春山の恐怖(3)

<<   作成日時 : 2012/05/09 18:59   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 5月4日、天気予報に反してずっと雨。いや、3日前の天気予報だから当たらなくて当然?
 それでも、3時頃に雨は上がった。星は出ていないがガスが出ている。シュラフに入ったまま、教祖様に本日の行動指針を仰ぐ。
 ○ :「教祖様、本日の天候はいまいちですがいかが致しましょう?」
 教祖:「そだな『槍の穂先』でも見に行っど!」
 ○ :「はぁ、、、まぁいいですけどぉ・・」
 教祖:「それとも涸沢でビールつうのは?」
 ○ :「あ、それ、大賛成!行きましょう、行きましょう」 (^^)v

 ということで、涸沢ヒュッテか涸沢小屋で「生ビール+おでん」で乾杯コースを教祖様の気が変わらぬうちに即決。
 で、いそいそと起きだして教祖様の朝食&昼食を準備。5時半出発。

 教祖:「あ、橋が綺麗じゃっど」
 ○ :「あのねぇ、いったい何年この橋に来ていないんですか?」

画像


 橋の下のテン場にはハーネスやカラビナをつけた登山者がいる。これから屏風岩をやる人だな。教祖様は羨ましそうに見ている。奥の方には強風で飛ばされたテントが引っかかっている。飛ばされたテントは他にも2つほどあった。人間はいなかったのかな?

画像


 朝焼けの屏風岩。雪解け水が滝になって落ちている。夏には見ることの出来ない景色。
 ハーケンを叩く音はまだ聞こえてこない。取り付いている人はいないようだ。
 教祖:「あそこの奥まったところが****岩でねぇ、F君と登ったよ。」
 ○ :「はぁ、△■×※」 (岩の話をされても○はさっぱりリカイフノウです)

画像


 本谷橋付近。まだ橋は架かっていない。渡渉?と怖気づいたがそんな必要はない。雪ですっぽり埋まっていて川は雪の下に埋もれている。夏と同じように、本谷橋は休憩ポイント。殆どの人がアイゼンをつけたり外したりする場所だ。

画像


 このあたりにはまだ大量のデブリ(雪が雪崩れて積もった場所)がある。どんどん天気が良くなっているようだ。ウレシイなっと。

画像


 本日のご褒美

 前穂の手前あたりが見えてくる。あ、こんなに天気が良かったっけ?
 来てみてよかったなぁ。

画像
 

 涸沢カールに向かう途中。どーんと広がった涸沢カール。夏とは全く違う真っ白な世界に吸い込まれそう。青空が広がり天気が急速に良くなっていることが実感できる。身も心もウキウキ。でもサングラスは持って来なかった。荷物になるから。雪目になりそうで怖い。

画像


 涸沢の魅力にひかれて登山者が集まる。最高の景色。
 更にひと登りで涸沢ヒュッテの鯉のぼりが見えてくる。真ん中に小さな点に見える鯉のぼりだが、「早くおいで」と尾びれを振っているのが見えるようになるとあと一息で涸沢カール。

画像


 ついにやって来ました、鯉のぼりの涸沢カール。
 雪の上には、色とりどりのテントが花を咲かせている。

画像


 さぁ、『名物生ビール&おでん』(しめて1,300円セット)にありつけるぞ。\(^o^)/
 なんせ、キャンプ3泊分に近い銭を投入してビールを飲むんだ!

 ○ :「ささ、教祖様早く『ビール+おでん』と行きましょうや」
 教祖:「その前にちょっとやることがある」
 ○:「え?」
 教祖:「何年か前の怨念は忘れねぇ」
 ○ :「あ、そうですね。一畳に4人寝せられたんですよね」
 教祖:「そうだ、あれはいくらなんでもひどかった。トイレに起きたらもう寝る場所がない」
 ○ :「一枚の敷き布団に両側から枕4つですからね、人間の扱いじゃありません」
 教祖:「悔しいから、涸沢小屋でトイレ」
 ○ :「どてっ」
   ・・・・
 (当時の記録はこちらに)


【春山の恐怖(中恐)】アイゼンの爪
 鉄の爪ならフリッツフォン・エリック、え?昔のアイゼンは鉄だった?へぇ
 焼き入れで先端の爪が折れるように仕組んだのはアズリンの推理小説。

 あ、現実に戻ろう。
 今回は○が全面的に悪いのであります。
 ○がスッテンコロリンとこけた時に、教祖様が身を挺して止めてくださいました。
 ○:「え〜い、○の必殺ドロップキックを受けてみよ」

 教祖様は、ガッシと○のドロップキック張りのすね攻撃を受け止めてくれた。
 がっ、その際に、幸運不幸にも○のアイゼンが教祖様のフクラハギあたりに命中し、アイゼンの先端の爪で、教祖様のスパッツスパッと切り裂いてしまいました。
 爪は肉には到達しなかったようで、残念一安心ではありますが、教祖様のスパッツをダメにしてしまいました。
 恐いですよね。まだ買ったばかりなのにこんなにしちゃいました。
 カギザキ
画像

 
 恐いですね〜、、、一歩間違えば大怪我をさせてしまうところです。


                           (つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん、こんばんは。
涸沢の写真すばらしい。
U字谷ですね。

前を登る人が足を踏み外して、
私の腿を踏んで止まったことあります。
アイゼンで。
NN0027
2012/05/10 00:23
○さん、こんばんは。

涸沢で青空なんて最高じゃないですか。
ほんとうにご褒美ですね。
ビールがうまかったことでしょうね。
アイゼンの顔面蹴りにならなくてよかったです。
momomo
2012/05/10 02:46
フリッツフォン・エリック懐かしいですね。
たしか息子もいましたね。
ポン山
2012/05/10 07:37
>nn0027さん
 綺麗な涸沢でした。(^^)v
 nn0027さんのカメラで撮ったら、透けるような青が撮れるような気がします。

 アイゼンで踏まれたんですか?で、nn0027さんの足は大丈夫でしたか?

2012/05/10 20:30
>momomoさん
 ”涸沢で五月晴れ”言うことなしでした。この時はですよ。
 そうか、アイゼンで顔面蹴り! 考えが及びませんでした。(^^ゞ
○ 
2012/05/10 20:32
>ポン山さん
 息子、何人かいましたね。
 馬場がよくやられていました。

2012/05/10 20:35
涸沢カール最高じゃないすか♪
行いがいいと、こんな景色がプレゼント
されるんですね〜(笑)
上から二枚目の写真、○さんのテント
右下の青いヤツですか?
入口が赤い○だから、、(爆)
Q
2012/05/10 21:09
5月の涸沢、いいですよね〜♪♪♪
綺麗な写真を見たら、また行きたくなりました。
毎日ご褒美があって、いい山行ですね。
たまねこ
2012/05/10 21:40
>Qさん
 教祖様は別名「晴れ男」の異名なんです。
 ○もコレまでで最高の天気でした。 (^^)v
 (ここまではね)

 残念ながら○のテントじゃないです。
 ○のテントは(1)にあるやつです。
 でも、入り口はやっぱり○です。(笑)

2012/05/10 22:42
>たまねこさん
 5月の山小屋は意外と混んではいないみたいですね。
 やっぱり空の青さが違いますよね。また、行きたくなったでしょう!
 ご褒美?これが最後かも。(笑)

2012/05/10 22:43
青空ー♪涸沢のテラスでビールとおでん、最高ですよね!
去年行ったときに、おでんを食べ損ねたので、また行きたい!
ちょっと日本離れしていて、特別な景色ですよね〜
でも1枚のふとんに4人は・・・・ちょっと・・・
Yume
2012/05/11 07:44
>Yumeさん
 「涸沢」=「おでん」の方程式も成り立つようですしね。

 どんなに混んでいても1枚の布団に4人ということはないという特別待遇があるそうです。もちろん、ちとお金はかかるそうですが、正当な方法です。ここで公開すると競争率が激しくなるので、今度会った時にお話しします。

2012/05/12 10:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
春山の恐怖(3) ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる