○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 激走

<<   作成日時 : 2012/02/28 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 ちょっと前に読み終えていたんだけど、東京マラソンが終わって「答」が出るまで待っていた。
 2005年ごろに出版された単行本が文庫本として加筆修正されたらしい。どこが修正されたかよくわからないが、目標としている五輪が「北京五輪」から「ロンドン五輪」に変わったくらいでは?

画像


 師走の福岡を駆け抜ける福岡国際マラソンのスタートからフィニッシュまでを実況する形で1冊の本が出来ている。コースは忠実、地名も忠実。

 先日の東海マラソンの本(日本で世界記録を狙うマラソン大会)でも話題にしたペースメーカが活躍する。前述の本では「ペースメーカー契約以降の距離は一般tランナーとして走ることができる」と解釈したが、この本では若干解釈が違うところが心残りではある。やはり、契約の20km以降も走り続けるのだ。あ、ネタバレ直前。

 何人かの有力選手の争いや心理戦、ありえそうもないミステリー。主人公をひた隠しに隠しているが、まぁ楽しめる本ではある。特に、「福岡」と「博多」の違いにうるさい人にはいいかも。あ、関係ないか?

★★★

(内容紹介)
 ロンドン五輪予選を兼ねた福岡国際マラソン2011。スタートラインに立つ選手にはそれざれの思惑と人生があった。自己中心的で常に周囲と摩擦を起こしてきた優勝候補の小笠原、アイドル的風貌の人気ランナー二階堂、地元出身の実力者谷口、一般参加で野心家の岡村、在日韓国人ランナー洪、その同僚で、ペースメーカーながら何かを胸に期する市川、そして偶然にも高校の同僚を先導することになった白バイ警官・長田。ロンドン五輪候補の座を争う激走の中、有力選手の一人が転倒し急死する事故が起きる。その死の真相をめぐり、徐々に明らかになる出場選手たちを結ぶある事件とは。勝負はトラックまでわからない。そして最後の直線100メートルの激走がその答えを出した。


----

 2011年の福岡国際マラソンで出した記録ではオリンピック代表の資格がないと判断し、2012年の東京マラソンで記録更新を狙った市民ランナーの代表は、丸刈りで出勤し「さらし者になったほうがいい」と潔い敗者の弁を語っていた。

 5Kmの給水所、彼のボトルには「ゼッケン番号」と「コバトン」シールが貼ってあったのだが、ゼッケンしか見えないように置かれていて、見つけられなかったんだそうな。続く10kmでは先行のランナーが間違えて持っていちゃったし。
 実はこの日、埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」が3箇所で応援することになっていたという。埼玉県庁のユニホームを着て「必勝」鉢巻きをしての応援、よかったと思う。

画像


 ということで、○のコバトン発想は良かったと思うけどな。(^^ゞ

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん、こんばんは。

給水所でみなさんよく転ばないなあ、といつも思っています。
ところで東京マラソンのようにたくさんの人が走るとき、
給水所のシステムはどうなっているのですか?
紙コップだけでもすごい量になりそうだし…。
momomo
2012/02/29 00:47
給水所では自分のものを誰かにもって行かれることもあるのだ。
3か所も取れなかったとか、最悪だったね。
ほり
2012/02/29 01:05
追記 「激走」の内容紹介。実におもしろそうだということが分かります。
ほり
2012/02/29 01:10
給水所の映像を見ていて思ったのだけど、
あのスピードで団子状態だと目的の給水も
取れないケースがあると思います。
給水所以外で、知人が給水を渡すことは
ルール違反となるのでしょうか?
「10km地点で待っているよ♪」とか
できると良いと思うのですが・・・
choiwaru
2012/02/29 08:41
コバトン、全国区になりましたね。 市民ランナーの水筒にも付いていたような?
島酔潜人
2012/02/29 10:49
川内選手、残念でした。
でも、まだ若いですし、きっとまた頑張るでしょう。
コバトンって埼玉の鳥だったのですね。
いまだによくわかっていないのでした。。。

陸上関係の本って、結構いろいろあるのですね。
自分が走ってみると、読んでみたくなりますね。
レン
2012/02/29 21:40
>momomoさん
 給水所は危険です。谷口が「転んじゃいました」よね。だから、先を争って給水しに行きます。
 
 東京マラソンの場合は、エリートは別です。特別テーブルです。
 一般参加選手はスペシャルを置くことはできません。
 スポーツドリンクと水がそれぞれ5テーブルくらいずつあります。それぞれのテーブルには100杯くらいのコップがあります。そのコップから飲みます。4時間台の選手は立ち止まって、腰を手に飲みます。走りながら飲むのはコツが入ります。むせないように。
 コップにドリンクを注ぐボランティアは握力がなくなりますし、ベチャベチャになります。

2012/02/29 23:07
>ほりさん
 他人のスペシャルドリンクは、普通は持っていかないですけどね。
 スペシャル取れなくて、普通のスポーツドリンク飲んでましたね。

2012/02/29 23:08
>ほりさん
 福岡に土地勘のある人なら興味が湧くと思います。交差点お名前が出ています。

2012/02/29 23:09
>Choiwaruさん
 給水の練習を何度もするんだそうですよ。
 トップグループのちゃんとした選手が知人から給水してもらったら失格でしょう。触ってもいけないと言いますから。

2012/02/29 23:11
>島酔潜人さん
 やった!コバトン全国区ですか?○がPRした甲斐がありました。バキッ!!☆/(x_x)

2012/02/29 23:11
>レンさん
 あれ?「コバトン」は埼玉県のマスコットです。つまり埼玉県鳥なんですよ。かわいいでしょ。
 東京でコバトンといっても昨年は通じませんでしたけどね。

2012/02/29 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
激走 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる