○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペースメーカーがMVP

<<   作成日時 : 2012/01/30 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 昨日の大阪国際女子マラソン、立派な記録で優勝した重友選手はロンドン確実だそうでおめでとうございます。期待された副士選手はシャリバテ起こしてしまったようで残念でした。
 それにしてもペースメーカーの清水さんはすばらしかった。予め設定されたタイムの5キロ16分50秒(1キロ3分22秒)のタイムをしっかりと刻み、優勝タイムを演出しました。入りの1キロで3分30秒もかかり、「え?ペースメーカー遅すぎ」と思わず声に出してしまった○ですが、その後はしっかりと設定ペースに戻したのには感服しました。他のペースメーカーが契約条件にも満たずに離脱する中、彼女は22.5キロ(契約では20キロ)まで引っ張った。結局、自身のハーフ記録を約1分半上回った(公式記録にはならないはずだが)らしい。あなたが今回のMVPです。

 前置きが、長くなってしまった。ちょうど「ヒート」(堂場舜一)を読み逢えたところだったので、ペースメーカーに興味が注がれた。もちろん、レースのほうも26キロ以降は興味がタイムに変更されたけど。

画像



 この本は、前作「チーム」の続編ということになっているが、登場人物が同じなだけなので、前作を読んでいなくてもなんら支障はないように書かれている。

 一応、前作の説明をしておくと、
 箱根駅伝に出る学連選抜の活躍の話。その中で、特に異色なのが既に過去3全てを区間新で走り区間賞を獲得した天才ランナーの山城。でも山城はいつも自分のためにしか走らないのだ。学連選抜でも見事な走りを見せてくれる。あとは、キャプテンの浦、監督の吉池などが今回も登場する。

 今回の「ヒート」は、山城に世界記録を日本で狙わせるという設定で始まる。本の半分以上はコース設定と出場者の招待、関係者回りなどの裏方役が中心。ペースメーカ選びも難航する。
 舞台は何故か横浜となる。でもレースの名前は「東海道マラソン」とされる。高速コースを設定するには「高低差」と「風」が大きな要因のひとつだが、作者は東海道マラソンのコースをどうやって設定したかを想像した。参考文献に出てくるが「カシミール3D」を使ったらしい。すると5mと出たようだ。微笑ましい。コースの方は紹介してもいいだろうけど、風のほうはネタバレになるからここでは省略。

画像



 世界記録を狙うとき、1キロ当たりのペースは2分55秒(この場合、2時間3分台)となる。100mで0.5秒速く走る(キロあたり5秒とか)のが如何に困難なことか、マラソン経験者ならわかると思う。作者はよく研究している。本ではペースメーカーとなる決意をしたランナーは30キロまではこのペースで走るという契約をしているが、それ以降は選手でも・・・・・。手に汗握るレース展開が二人によって繰り広げられる。

 意外な盲点だったのは、「マラソンの距離誤差は42.195kmマイナスプラス42m(注)」ということ。距離が長ければダメで、短ければよい。
 (注.訂正)
  読者から指摘を受けて調べなおしました。「誤差は+0.1%。これは42.195kmプラスマイナス42mではなく、プラス42mまでです。したがって42.195kmを1mでも不足していればその大会記録は公認されません。」が正解です。本の記述が誤っています。・・・・どうりでおかしいなぁと思いながら読み飛ばしてしまいました。ご指摘ありがとうございました。


★★★★ この内容で400ページに迫るボリュームは多すぎか?
また、ラストが中途半端でちょっぴり後腐れも。



(内容紹介)
「山城に、世界最高記録を狙わせろ!」
「こんなレースはインチキだ――」
日本男子マラソンの長期低迷傾向に歯止めをかけるため新設された「東海道マラソン」。
神奈川県知事の指令のもと、あらゆるお膳立てがなされたレースは終盤、思いがけない展開を見せる――困難と矛盾をはらんだ「世界最高記録」をめぐる男たちの人間ドラマと、疾走感100%のレース展開を圧倒的な筆力で描ききる、著者渾身の書き下ろし長編!
箱根駅伝を描いたベストセラー『チーム』のその後を描いた、傑作陸上小説。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
○さん、こんばんは。

ペースメーカーというのは、たとえば20qの契約だと、
必ずそこでやめなければならないのですか。
調子がよくてそのまま走って勝っちゃったりして。
なんてことはないですね。
下世話ですが、どれくらいの報酬で走るのか興味があります。
momomo
2012/01/30 23:32
Amazon発注!
とっちゃん
2012/01/31 07:25
1キロ5秒はきついですよ。
特に限界状況で走っているわけですから。
日本人にできるのかしら?
某山の竜神は、いつかマラソンに出て世界最高目指したいと言っていましたが。

ペースメーカーさんのこと、新聞でも誉められていました。
若い有望な選手が出て、マラソンまた楽しみですね。
レン
2012/01/31 12:04
いい仕事です... 次は、本命で走って欲しい!
島酔潜人
2012/01/31 23:12
>momomoさん
 ペースメーカでも契約の仕方によっていろいろあるんじゃないでしょうか。大リーグの契約のように。
 以前、どこかの大会で、実際にペースメーカーがそのまま走って優勝した大会がありました。
 ですから、「30キロまで」ろいう契約であれば、30キロまでは指定されたペースで走らなければ契約違反で契約金は満額はもらえないでしょう。そのまま走っても(選手登録をしてあれば)、問題ないようです。
 報酬はよくわかりません。本では1千万円ですが、これは破格です。

2012/01/31 23:15
>とっちゃん
 毎度ありがとうございます@Amazon
 

2012/01/31 23:16
>レンさん
 そうです、キロ5秒短縮なんて死ぬほど苦しいです。
 
 レンさん好みの暴君は、名門F社だそうですが、平地ではどうでしょうね?いっそのこと、坂バカの方が実力出せると思いますね。富士登山競争とか・・。UTMBとか。
 ペースメーカーで自己ベスト出すなんてすごいことです。

2012/01/31 23:19
>島酔潜人さん
 そうですね、次はマラソン招待選手として出場して欲しいです。

2012/01/31 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペースメーカーがMVP ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる