○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮華温泉から白馬岳(ダイジェスト版)

<<   作成日時 : 2010/08/08 00:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

8月3日(火) ダイジェスト版をアップします。

 今回の山行実績:
 8月3日(火) 蓮華温泉→白馬大池→白馬岳→白馬山荘(素泊) 8.5H
 8月4日(水) 白馬山荘→白馬岳→雪倉岳→朝日山荘(素泊)  9.5H
 8月5日(木) 朝日山荘→朝日岳→五輪高原→蓮華温泉    10.5H
 
 初日(8月3日)
 高校生のテントが2時から騒がしい。食当が朝食を作り始めた。どうせこちらも眠れないのだから起きてしまう。3時頃に朝食。雨に濡れたテントを撤収し、4時にキャンプ場を後にし、駐車場に戻る。またもや、腕がパンパンに張ってしまう。
 出発準備をして、5時ちょうどに蓮華温泉から登り出す。昨夜、露天風呂に入れなかったことがうらめしい。

 ちょうど2時間の登りで、天狗の庭に到着し小休止。標高1,470m→2,000mまで登ってきた。やっと涼しくなってくる。これでこそ、山に来た甲斐があるというもの。雪倉岳、赤男岳、朝日岳が見える。え〜?あんな所を縦走するわけ?やだ〜。

画像


 そろそろ高山植物が顔を出してくる。
 お、見慣れない高山植物か?さぁて、これは何だろう?ネコノメソウにも似ているが?

画像


 更に2時間も登ると、白馬大池(標高2,370m)に到着。まずは、900m登ってきた。以前、山を始めた頃の思い出として、この小屋で宿泊を断られた苦い思い出があるので、この小屋は素通りする。
 高山植物としては最もポピュラーともいえる「チングルマ」が出てきた。新田次郎の小説「赤いチングルマ」(内容は忘れてしまったなぁ・・・)を何となく思い出す。これは”木”です。

画像


 ここからは、さわやかな高原歩き。取りあえず、目指すは小蓮華岳(標高2,769m)であるが、ずいぶん遠くに見える。ゆっくりと降りてくる人が恨めしい。

画像


 降りてきたグループが、いきなり「ベスポジじゃん」と発した。ん?・・・・そうか、「ベストポジション」の省略形か?と納得!北アルプス第2の高地にある池を見下ろす。

画像


 小蓮華の手前には2,612mの小ピークがある。10時の法則に従い、ガスがかかってくるがまずまずの展望に恵まれた快適な稜線歩きを楽しむ。

画像


 高山植物では代表的な花であるハクサンイチゲ。この花はどこの山に行っても見かける。

画像


 やがて小蓮華岳(標高2,769m)をクリアする。小蓮華があるということは大蓮華がある?そうです、大蓮華=何ですね。ここで、雨が降ってきてカッパを着て進む。時期に止むが。せっかく高度を稼いだのに、一旦下り、三国境まで登り返す。

画像


 三国境を過ぎれば、高山植物の女王コマクサの群生地がある。ウルップソウは時期を過ぎているがこれだけのコマクサの群生地を保護するのは大変なことだろう。

画像


 やっと白馬岳山頂に到着。ここまで、登り始めてから8時間10分を要した。これで今日の登りは終わり。結構疲れた。既に13時を過ぎているので周りはガスが上がっていて、展望は全くない。しばらく待ってみたがブロッケンも出そうになく、小屋に入るとする。

画像


 続く

 詳細版できました(追加)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どのへんなのか、地図を見たよ。確かに秘境だな。
ほり
2010/08/09 00:53
>ほりさん
 蓮華温泉は「秘湯」らしいです。(私が間違っていました)
 朝日岳は秘境と言えます。

2010/08/09 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓮華温泉から白馬岳(ダイジェスト版) ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる