○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 30分間の戦闘

<<   作成日時 : 2009/08/01 10:58   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 2009年8月1日 午前10時 戦いの幕は切って落とされた。

画像

 
 「東京マラソン2010エントリはこちら」の誘導に従い、クリック。
 ワクワク・・・・・・・・・・・つながらない 
 なぁんだぁ、もうパイルだ。
 別のブラウザも立ち上げて2つのブラウザで平行アクセス。
 何10回もリトライ。・・・・・・つながった

 登録・・・・・切れた
 何10回もリトライ・・・・・・できた

 仮登録URLクリック・・・・・つながらない
 何10回もリトライ・・・・・・できた

 必要情報登録・・・・切れた
  何10回もリトライ・・・・・・次ページへ
 更に必要項目登録・・・・確認・・・・・切れた

 何10回もリトライ・・・・・・できた
 
 別のブラウザでも愚妻の情報を登録。なかなかつながらない。・・・なんとかこぎ着けた。

 30分間の熱戦は幕を閉じた。はぁ、こういうのって疲れるね。
 これが、「先着順受付」(普通の大会は先着順です)なら、非難囂々ものだな。
サーバにアクセスできないもん。
 30分過ぎたらサクサク動いているみたい。 

 今年は、申込者20万人を突破は間違いないところだろう。

 ささ、あなたも申し込みましょう。
 申し込むだけはタダ。出場するかどうかは当たってから考えれば?
 参加費用10,500円は当たってからの払い込みです。


画像


#北海道行きのフェリー予約のために徹夜したことがあるが、あのとき以来だな。
 手に汗握ってイライラしたのは。

-------
21.0 km 2時間00分00秒 走りました
体重:56.3kg (-0.8kg)
体脂肪率:12.8% (+0.3%)


 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
抽選なんだから慌てなくても良いのは分かっていても、やっぱり開始当日の早い時間にエントリーしてしまいます。私は3年も連続して抽選に漏れているのですから、「ささ、あなたも申し込みましょう。」というような記載は止めていただきたい。これで応募者が増えたりしたら、また当選確率が下がるではありませんか!
とっちゃん
URL
2009/08/01 11:41
誰かが言ってました。当たる確率を上げる方法の一つ。
 ・なるべく早く申し込む。・・・意気込みがあると思われる。
本当かどうかしりませんが。(笑)

 不適切な表現は削除(取消線)しました。これで、このページの閲覧者(10人ぐらい)の10%(申し込もうと思った人)=1人は申し込まなくなると思いますので、当選確率は1/200,000ぐらい上がるかな。ごめんなさい。

2009/08/01 12:10
時間限定販売の格安水着をネットでゲットするとき手に汗します
雄山で見たいのはキジより雷鳥でした
あ〜ちゃん
2009/08/01 12:50
>あ〜ちゃん
 かなりの高確率でライチョウにあえると思います。
 ハイマツ帯を歩くときには、気をつけて見てください。
 子育ての真っ最中なので、親は目立つような行動に出てきます。
 今は、茶色っぽい色だと思います。

2009/08/01 13:59
こんにちは。

私も、今日申し込みました。他の人のBlogで初日に申し込んだら当たったという書き込みがあったので。(^_^;)

こうなったら神頼みと云いながら、走れなかったら他の大会を走るだけなんですけどね。(^_-)
miya
2009/08/01 20:21
雷鳥ね〜。
NHKかで見ました。何とか富士山に繁殖させようとしたけどうまくいかなかったこと。あのはえまつとそこにいる植物が富士山にはなかったので、生存できなかったようですね。自然界の厳しさですね。
ほり
2009/08/01 23:38
>miyaさん
 私も聞きました。嘘か本当か知りませんが、当たる確率が高いという噂。
  ・初日(それもなるだけ早く)に申し込む
 その他、いくつかありますが抽選の課程とか、登録番号を公正には公表しないので、これまた不信に思われるばかりですけどね。

2009/08/02 08:28
>ほりさん
 共存のための条件が整わないとだめなんでしょうね。

 その中でも、どんな環境にでも適応できる鹿が、どこにでも大量発生して困ります。そのうちに植生は「鹿が食べないもの」に限定されてくるでしょう。

2009/08/02 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
30分間の戦闘 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる