○のツブツブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 走った者だけが書ける本物の箱根駅伝

<<   作成日時 : 2008/12/19 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 すごいボリュームだ。600ページもある。気合いを入れて読まなくちゃぁ。ガシッと冬の寒空に向かって駈けだしていくランナーを思い浮かべると、これくらいはあっという間に読んでしまうもんだ。4日で読み切った。

 箱根駅伝を題材にした本は、三浦しをんの『風が強く吹いている』がかなり面白かったし、先に読んだ: 堂場 瞬一の『チーム』もよかった。日本テレビの取材クルーのにも感動した。

画像


 この本の作者・黒木亮(本名:金山雅之)は早稲田大学の3年、4年の時に箱根駅伝を実際に走った選手である。中学校時代から長距離が早く、有名私立高校から勧誘があったが、普通校の深川西から早稲田の一般入試を受けて合格した頭のいい人だ。中学時代から記してきた日記帳8冊に肉付けした内容であるが、箱根駅伝を走ってる時の実況中継の模様は、どこかから掘り起こしたように描写が細かい。俗に言う中村門下生のようでもあり、かなり反発を持っているようでもあり理解に苦しむところもある。

 中でも、早稲田3年の時の走った3区では2区でトップに立った瀬古からタスキをもらい、何とか4区につなぐ場面が圧巻。伴走者で中村監督が怒鳴り、叫び、都の西北を歌うが、本当にそんな光景だったのだろうか?当時はまだ日本テレビが全区間生中継する時代ではなく、NHKが細々とラジオでやった時代。
 中でも、瀬古はやっぱり別次元の走りだったようだ。フォームやスピードは当然だが、足の筋肉の付き方、ふくらはぎの柔らかさ、太さは段違いだったようだ。

 さて、この本ではもう一つ大事なテーマがある。それは親子関係。実は、金山は養子だった。知らされるのは大学に入る時。最後には自分で生みの親を捜し出して実際に会う。そこでまた感動というか、神様がいたというか。(それ以上言うとネタバレになるから止めよう)

 これでまた箱根駅伝の楽しみが一つ増えた。早稲田の関係者は感慨深いだろうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
2つ目のテーマでは、また○さまの涙腺が開きそうですね。
choiwaru
URL
2008/12/20 09:08
>choiwaruさん
 残念、このテーマでは涙腺はゆるまないようです。
 感心はしましたが。

 しかい、世の中には我々凡人が逆立ちしても届かないレベルの
人がいて、やっぱりDNAなのかな?とも思いました。

URL
2008/12/20 11:03
何でも向き不向きはあると、DNAはあると、思います^^。

今年のお正月も例年通り箱根駅伝が楽しみです
ほかにナインカイナ
あ〜ちゃん
2008/12/20 19:57
30年前、ほりは戸塚の不動坂に子供をつれて応援に行った。
各大学の監督は伴走車の中から、必死に声をかけて、2区のラストスパートを喚起していた。12,12,12、すさまじさを感じた。
瀬古選手が走る前だったと思う。すごい感動で、今でもはっきりその光景を覚えています。
ほりさん
2008/12/20 22:03
>あ〜ちゃん
 やっぱ、子供が自分の能力だけでトップになれるはずはないっすよね。

 元日の実業団駅伝も楽しみです。・・・・タイシテカワラナイ??

URL
2008/12/21 07:52
>ほりさん
 伴走者の声があまりにもテレビ向きでなく、避難の声が
高まったので、最近は以前のように専用の監督車をつけな
くなってしまったようです。確かに「イッチニッ、イッチニッ、」
というかけ声が駅伝の風物詩でしたもん。

 ○も2000年騒動で出勤したとき、田町駅前で応援しましたが、
タッタッタ、、とむちゃくちゃなスピードで徳本(法政)が
ぶっちぎりで駆け抜けていったのを鮮明に覚えています。

URL
2008/12/21 07:56
金山さんは某神社の息子さんだったような気がします。
私は近隣の町に当時住んでいて、ラジオで聞いて箱根で走られたことを良く覚えています。でも、あの当時の箱根で印象に残っているのは この金山さんと農大の服部さんくらい。瀬古さんは騒がれすぎていて応援できなかったです。
2353
2009/01/04 15:22
>2523さま
 本を読むと、神主さんの息子となっています。でも駒沢に進まなかったことから親の後を継ぐ考えはさらさらなかったようです。得意の英語を生かした職業を考えられていたのでしょう。トレーニングしても毎日欠かさず英会話を聞いて勉強してる様子が書かれています。
 東農大の服部は当時のごぼう抜きの記録を樹立した選手だと思います。
 
 今年の箱根駅伝5区山登りで柏原に抜かれた早稲田三輪の言葉「竹沢と同じ土俵では失礼」という言葉が、妙にこの本とマッチしています。でもこの選手は見事、特待生の中でも走り抜きました。すごい選手です。

 ところで、2353ってどなたでしたっけ?(ごめんなさい)

2009/01/04 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
走った者だけが書ける本物の箱根駅伝 ○のツブツブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる